サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

サンディスク UHS-1 SDHCカードテスト D800 OM-D ZR200

2012年04月27日
撮影機材:Nikon1 V1 ZR200

SDカードの規格にUHS-1というのがある。Ultra High Speedの略で、高速バスインターフェースを採用し、例えばこの SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I カード 32GB は95MB/秒の転送能力を持っている。ただしカメラがUHS-1に対応していないと、効果はないので、同時に古い規格であるclassも同時に搭載している。class10というのが古い規格で最も速い転送速度を持つ。ちなみにSanDisk Extreme Pro SDHCには30MB/秒とある。ぼくがメインに使っているカメラは現在D800、D7000、OM-D、E-PL3、ZR200などだが、幸いUHS-1に対応しているようだ。UHS-1対応機種はどんどん増えるのだと思う。 高い高いと思っていたUHS-I カードだが、アマゾンで価格を調べたら、ずいぶんこなれている。国内正規品はさすがに高いが、それでも32GBが14780円16GBで7650円8GBなら4527円並行輸入品なら、32GBなら8550円16GBのもので4450円、8GBなら2200円サンデイスクの従来品と比べても価格にそう差はない。 対応機種でないムービーカメラやスチールカメラでフルHDのムービーを撮る場合は、class10であることが駒落ちしないなどの点で重要だ。ムービーもスチールもという方はUHS-1でしかもclass10に対応したものを選ぶのが得策だろう。

関連タグ
機材

関連動画

ウラクロフタオシジミの偽の頭 Fake head of Remelana jangala by TG-6
ウラクロフタオシジミの偽の頭 Fake head of Remelana jangala by TG-6
Osmo Actionでアカエリトリバネアゲハ Rajah brrok’s birding butterfly by Oslo action 240fps
Osmo Actionでアカエリトリバネアゲハ Rajah brrok’s birding butterfly by Oslo action 240fps
ジンメンカメムシの触角の掃除 Manface bug Cleaning Antenna
ジンメンカメムシの触角の掃除 Manface bug Cleaning Antenna
キオビアゲハをOsmo Actionで Papilio torquatus
キオビアゲハをOsmo Actionで Papilio torquatus

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。