サイト内
ウェブ

明日19日(日)の天気予報 西日本、東日本の太平洋側は次第に雨の範囲が広がる

  • 2024年5月18日
  • ウェザーニューズ

2024/05/18 16:40 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・四国から関東で雨が降りやすい
・九州は北部を中心に暑さが続く
・北日本は日差しの届く一日

19日(日)は前線の北上に伴って西日本、東日本の太平洋側で雲が多くなります。午後にかけて雨の範囲が次第に広がり、お出かけには傘が必要な所が増える見込みです。

北日本や九州は大きな崩れがなく、日差しが届きます。

四国から関東で雨が降りやすい

前線の影響で四国から関東にかけては朝から雲が広がります。四国や近畿の太平洋沿岸では昼前から雨が降り出し、午後は次第に雨の範囲が拡大する見込みです。

夕方までに近畿や東海の広範囲で雨になり、関東でも夜は雨が降りやすくなるため、お出かけには折りたたみの傘など雨具をご用意ください。

日差しが少ないため気温は今日18日(土)ほど上がりません。

九州は北部を中心に暑さが続く

前線から離れている九州は北部を中心に晴れて日差しが届きます。昼間は気温が上がって30℃前後の暑さとなる見込みです。

屋外での活動は熱中症対策を行なってください。九州南部は太平洋側で雲が多く、海からの風が吹くことで気温の上昇は抑えられます。

北日本は日差しの届く一日

北海道や東北北部は高気圧の圏内で、晴れる所が多くなります。一日を通して大きな崩れはなさそうです。

東北南部はだんだんと雲が厚くなっていきます。北海道の道東や東北北部の太平洋側は西寄りの風が山越えとなって気温が上がり、25℃を超える予想です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 Weathernews Inc. All Rights Reserved.