サイト内
ウェブ

映画化された情報番組の人気コーナー「にゃん旅鉄道」が待望の漫画化!兄妹の出会いは満開の桜の季節に。【作者に聞く】

  • 2024年3月4日
  • Walkerplus

「ねこが働く駅」として知られる福島県の会津鉄道・芦ノ牧温泉駅を舞台に、働くねこたちの様子を紹介する「にゃん旅鉄道」。福島中央テレビの情報番組「ゴジてれ Chu!」内で放送されている約1分間の短いコーナーながら、TVerでは4年間で総再生数170万回を突破し、なんと映画も公開された。

「にゃん旅鉄道~さくらの物語~」は、そんな「にゃん旅鉄道」をモチーフにした創作漫画。妹ねこの「さくら」を主人公に、猫たちの日常や実話をもとにしたエピソード、四季折々の美しい風景を、イラストレーターで漫画家のゆきよみさん(@yukiyomi333)が丁寧に描く。

今回は、さくらと実の兄「らぶ」の出会いについて。ゆきよみさんにお気に入りのコマや、漫画化のこだわり、苦労した点を聞いてみた。

■今回のテーマは「背中」
ゆきよみさんに、物語のこだわりや苦労した点について聞いてみた。

今回のお話は「背中」をテーマに作りました。お兄ちゃんの背中をクッションにして飛び降りるさくらから始まり、ストーブよりも暖かかったお兄ちゃんの背中や、その背中を追いかけるさくら。「背中」をキーワードにお話を繋げ、展開していくところにこだわりました。
芦ノ牧温泉駅の駅舎反対側に広がる田んぼから2匹を見た、最後のコマがお気に入りです。2匹の背中で締めくくりたいなと思い、描きました。小さな後ろ姿ですが、きっとさくらはお兄ちゃんに甘えているのだろうと思います。どんな会話をしているのか、想像して読んでいただけたら嬉しいです。

また本作は、背景の桜も見どころのひとつです。桜のつぼみや、満開の桜の表現にこだわりました。春の雰囲気を「グレー」と「ピンク」のみで表現したのですが、たくさんの色が画面に溢れるよりも2色だからこそ、桜のピンクが引き立ったかなと思います。

働くねこの日常や主人公さくらの成長、そして会津鉄道・芦ノ牧温泉駅の美しい四季について描く、漫画版にゃん旅鉄道。読めば心があたたかくなる優しい漫画を、これからも楽しみにしてほしい。


取材・文=石川知京

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 KADOKAWA. All Rights Reserved.