サイト内
ウェブ

初代ねこ駅長や兄のようには仕事ができない…。先輩の「私たちと同じじゃなくていい」の言葉が泣ける【作者に聞く】

  • 2023年9月27日
  • Walkerplus

福島中央テレビの情報番組「ゴジてれ Chu!」で、毎週火曜日に放送されている人気ミニコーナー「にゃん旅鉄道」。「ねこが働く駅」として知られる福島県の会津鉄道・芦ノ牧温泉駅を舞台に、働くねこたちの様子を紹介している。約1分間の短いコーナーながらTVerでは、この4年間で総再生数170万回を突破し、なんと映画も公開された。


「にゃん旅鉄道~さくらの物語~」は、そんな「にゃん旅鉄道」をモチーフにした創作漫画。妹ねこの「さくら」を主人公に、働くねこたちの日常はもちろん、芦ノ牧温泉駅にやって来る人々との実話をもとにしたエピソードや四季折々の風景を、イラストレーターで漫画家のゆきよみさん(@yukiyomi333)が丁寧に描く。

今回は、ある冬の日のエピソード。ストーブでぬくぬくしているうちに、眠ってしまったさくら。気付くとそこはあったかい温泉で、兄のらぶと見たことのない大きな猫の姿が…。

■初代ねこ駅長のばす先輩は、「お母さん的な存在」
今回のお話のテーマをゆきよみさんに聞いてみた。

「『ぬくもり』がテーマです。冬のストーブのぬくもり、温泉のぬくもり。そして、これまで駅で働いてきたばす先輩とらぶお兄ちゃんのぬくもり。今一人でお仕事を頑張っているさくらは、悩むことも多いけれど、実はたくさんの『ぬくもり』に包まれていると思っています。そんな幸せなさくらを描きたかったです」

さくらたちが気持ちよさそうに入っている温泉は、芦ノ牧温泉 大川荘の「絶景露天風呂 四季舞台たな田」がモデルとなっている。モデルにしようと思った理由や、描くうえで苦労した点を教えてくれた。

「お風呂はもちろん、その景色の美しさも魅力的に感じたため、大川荘様にお願いして描かせて頂きました。たな田をイメージして造られたお風呂が、会津の美味しいお米もイメージされていて、きっと食いしん坊のさくらも大満足のお風呂なのでは?と思います。

ただ、絶景を漫画でどう表現できるのかについては、試行錯誤しました。雪が降ったときの水墨画のような風景をイメージしていますが、読者の方に伝わるとうれしいです」

初代ねこ駅長のばす先輩が初登場するところも、今回の漫画の見どころだ。ゆきよみさんにとってばす先輩は、どんなイメージなのだろう。

「威厳があってかっこいい、冷静に的確な指示を出す『司令塔』のようなイメージです。一見、近寄りがたい雰囲気もあるけれど、実は優しく温かくみんなを包んでくれる。はまったらその魅力から抜け出せなくなりそうな、そんなタイプですね。駅の皆様が『ばすはお母さん的な存在』とおっしゃっていたので、それをもとにキャラクターを作りました」

■たった一人で業務を頑張るさくらは、私たちの心に「あったかい桜」を咲かせてくれている
「ばす先輩やお兄ちゃんみたいにはお仕事ができにゃい…」と悩むさくらに、「私たちと同じじゃなくていい」とほほ笑むばす先輩。そして兄のらぶも、「大丈夫だよさくら」とエールを送る。このエピソードには一人で仕事を頑張るさくらに向けた、ゆきよみさんからのメッセージが込められているそう。

「私たちは、自分ができないことばかりに目を向けてしまいがちです。誰にだって、良い所や優れた所は必ずあるのに。私もいつも、『あーあ…』と考えてばかりです。きっと、本能的にできないところに目が向くようになっているんでしょうね。大昔の生存競争していた頃の記憶なのでしょうか。

さくらも気が付いていないだけで、実は沢山のことができていて。漫画だけでなく、実際の芦ノ牧温泉駅のさくらもそうです。お兄ちゃんがいなくなったあとを、たった一人猫駅員として頑張っています。そして私たちに沢山の癒やしを与えてくれています。

私たちの心に『あったかい桜』を咲かせてくれる、さくら。いつかそのことに気が付いて、ばす先輩ともらぶお兄ちゃんとも違う『さくら色の桜』を満開に咲かせる日が来てほしいと、心から願っています」

さくらの成長を見守ってきた本連載も、次回でいよいよ最終回。果たして彼女は「さくら色の桜」を咲かすことはできるのだろうか?

10月30日(月)に発売される「にゃん旅鉄道~さくらの物語~」の書籍は、現在予約受付中。こちらもぜひチェックしてほしい。



取材・文=石川知京

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.