サイト内
ウェブ

人事部長の言葉を思い出し、ベトナム行きを即決!「休職中に自分を変えたい」【作者に聞く】

  • 2023年12月5日
  • Walkerplus

SNSでメンタルや生きづらさを題材としたイラストと言葉を発信しているなおにゃんさん(@naonyan_naonyan)は、かつてうつと適応障害から会社を休職。当初はそんな自身について「恥ずかしい、情けない」と感じていたが、今では「休職して良かった」と思っているそう。

コミックエッセイ「うつ逃げ~うつになったので全力で逃げてみた話~」は、そんななおにゃんさんの実体験をベースにした作品。病気から、会社から、果ては日本からも全力で逃げた1年間を赤裸々に描く。

第12回の今回は、休職中の一大決心について。


仕事を休んでいる現実に後ろめたさを感じていましたが、「休職中に自分を変えたい」「いっそのこと海外行こうかな」との気持ちが芽生え、旅行会社を訪れました。そこで「ベトナム」を紹介され、思い切って行ってみることを決意しました。

自分でも不思議なのですが多分、パンフレットに掲載されていた水牛とかメコン川とかの、のんびりした風景に惹かれたんだと思います。ココナッツジュースなどの食べ物も、美味しそうだなぁと思いました!

初めてのベトナム旅行は、3泊5日。「もっと滞在したかったのですが、そこまで度胸もないし、金銭的に余裕もなかったので…笑

言語も、観光ガイドブックに載っている日常用のベトナム語だけでOKでした。英語は得意ではないものの、なんとなく通じます。あと、ベトナムの人ってすごく優しくて、困っていたら向こうから声をかけてくれるんです。それでどうにか過ごせた部分も大きいですね。

ちなみに現地へは、「メモ用紙」を持っていきました。ベトナムの言葉をメモに書き、それを見せながら買い物していました。あとは、一般的な旅行グッズを持っていったように思います。足りないものはお土産も兼ねて、現地で購入することも。あまりの暑さで長い髪が邪魔になり、向こうのお土産店で買ったヘアゴムは、今でも愛用しています(笑)。

ベトナム行きを即決したものの、実は、家族には話してないんです。休職したことも黙っていたくらいですから(笑)。そういえば、未だに話してないかも…。でも友人には、1人か2人に話したような気がします。

ベトナムに到着後「思い付きで来ちゃったけど大丈夫かな」と、少し不安も感じたなおにゃんさん。しかし、見たことないネオンの看板や多くのバイクが走る道路を眺める内に、いつの間にか不安は期待と興奮に変化したそう。これから彼女に異国の地で、どのようなことが待ち構えているのだろう。今後の展開を楽しみにしたい。

取材・文=石川知京

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 KADOKAWA. All Rights Reserved.