サイト内
ウェブ

Twitterで30万以上のいいねが付いた「猫の診察で泣きそうになった話」。抱腹絶倒する読者が続出!

  • 2023年3月27日
  • Walkerplus

日常に転がるちょっとした事件を、ドライブ感あふれる筆致でユーモアたっぷりに書き、Twitterとnoteで配信しているやーこさん(@yalalalalalala)。抱腹絶倒の展開と劇的なオチの真相は不明、謎多き存在だが、その世界観に魅了されるファンが増え続けている。

そして、やーこさんのファンアートを投稿し続け、ファン界隈では神絵師とも言われているイラストレーター・栖周さん(@sumiamane)の作品も笑いの起爆剤となり、ますます人気を集めている。

そんな話題の2人がコラボした連載「猫の診察で思いがけないすれ違いの末、みんな小刻みに震えました」がスタート。やーこさんの笑いしか生まれないユーモラスな文章と、その笑いを加速させる栖周さんのイラストを、やーこさんのコメント付きでお届け。

今回の作品は、Twitterで30万以上のいいねが付いた「猫の診察で泣きそうになった話」。思わず笑ってしまう可能性があるので、念のため周りに人がいないか確認してから読むのをおすすめする(気にしない方はそのままお読みください)。

■【猫の診察で泣きそうになった話】

猫を初めての病院へ連れて行く事になった。病院が違えば、色々とルールも違うものらしい。

前の病院は気が散らないよう必要最低限しか話しかけてはいけない雰囲気であったが、こちらの病院では先生が猫を診察している間、褒めてくださいと言うので、変わった病院だなと思いつつも言われた通りにする事にした。
「非常に聡明な顔立ちで……」
「髪型も綺麗に整っています……」
「猫に対しても非常に紳士的で……」
などと、しどろもどろ褒めていると
「……僕じゃなくて、猫ちゃんの方を……」
と、先生が震える声で訴えてきたので、ようやく己の間違いに気が付いた。しかも猫を驚かせないよう静かにゆっくりとした口調で褒めていた為、某戦場カメラマンの様な独特な口ぶりとなっていた。気を遣ったが故に何か心に迫る雰囲気が出てしまった。後の会話で判明する事だが、この時すでに看護師は限界を迎えていたという。



己の間違いは凄まじく恥ずかしいが、そんな事よりも診察を誰よりも大人しく懸命に受けている猫を褒め讃えるべきであると思い、私は気を持ち直して猫に語りかけた。
「非常に聡明な顔立ちで……」
「毛並みも非常に整っています……」
「人間にも非常に紳士的で……」
私がアドリブが効かない人間であるために、先程の先生への賛辞をコピーペーストしたような褒め言葉となってしまった。恐らく先生も看護師も「同じじゃねぇか」と腹の中で思ったに違いない。この不器用さでは戦場で真っ先にカメラをかち割られる事だろう。

その空間にいる看護師達は全員視線を下に落とし、一向に私の顔を見ようとしなかった。猫すらも下を向いている。誰とも目の合わない孤独な空間であった。「目を合わせたら全てが終わる……」とでもいうような強い意志を感じた。そんな最中、先生が
「あの、もっと猫ちゃんに分かりやすいように短い言葉で……」
と、言うので
「良いヒゲです」
と、短い単語で褒めたが、よく考えれば先生も髭を生やしているので、もはやどちらを褒めているのかよく分からない状態となった。



全員がどことなく何かに耐えながら、小刻みに震えつつ様々な感情を抑え込んでいる。この様に微振動する人間達に囲まれ、猫的にもさぞかしとんでもない所に来てしまったと思った事だろう。UFOに攫われた後、小刻みに震える宇宙人に囲まれるようなものである。せめて攫った側の宇宙人は平常心で居てもらいたいと思う事だろう。非常に辛い診察であった。

診察中の猫、突然戦場カメラマン化した飼い主、それに執拗に褒め讃えられる先生、そしてそれらを直視してしまい逃げ場のない看護師達。猫の禿げの調子を見てもらうだけであったのに、何故このような苦行の様な事になってしまったのだろうか。私たちは不幸なすれ違いの末に、運命の悪戯という名の荒波に揉まれてしまったのだ。先生は何故か若干泣きそうな顔をしていた。幸い猫の禿げに深刻な問題はなかった。

診察が終わり、受付で先ほどの看護師が
「毛の抜けたところに塗ってあげてください。ちゃんと生えてきますので……」
と、説明をしながら薬を出すと、待合室にいた常連らしきスキンヘッドのオヤジが
「おれも塗ったら元に戻るかなあ」
などと頭を摩(さす)りながら割と大きな声で言うので、看護師はもうだめであった。先生と看護師達はこの後もこのオヤジによって恐らく苦労する事であろう。 (終)


この作品について、やーこさんは「猫は元気であり、その後も時々ハゲたりなんだりしたが、今日も足元で私の周りをぐるぐる回っている。我が家には猫が二匹いるが、先日一匹は鼻歌交じりに廊下を闊歩し、もう一匹は気分が良いのかスキップで移動していた。猫とは底知れない者である」とのこと。

また、その場の雰囲気を迫力あるイラストで表現した栖周さんは、「某戦場カメラマンさんの口調が完全に脳内再生されました。病院の皆様の小刻みに震える様子も目に浮かぶようでした。やーこさんの作品は毎回描写が楽しく、かつパワーワードがぶち込まれる為、我々も小刻みに震えざるを得ません。今回は『良いヒゲです』にトドメをさされました」と話す。

Twitterのコメントを見ると、作品を読んで震えるほど笑った人が多かったようだ。しかし、魔のすれ違いに襲われた病院の先生や看護師の“震え”は、想像をはるかに超えるだろう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 KADOKAWA. All Rights Reserved.