サイト内
ウェブ

今週末(11月19・20日)の紅葉見頃はここ!全国の見頃な紅葉名所ガイド

  • 2022年11月17日
  • Walkerplus

11月も中旬、平野部でも見頃を迎えた名所が多くなった一方、今年見納めになる山の名所もあり、紅葉シーズンもいよいよ佳境に。どこに紅葉狩りへ出かけようか検討中の人に向けて、今見頃なスポットと、今週末見頃を迎えそうな名所を全国からピックアップして紹介したい。

※各スポットの見頃は2022年11月16日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等をご確認ください。
※その他の内容は取材時点の情報です。また、写真は2021年以前のものです。

■【関東】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【関東・埼玉県】国営武蔵丘陵森林公園 / 約20種・約500本のカエデをライトアップ
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
東京ドーム約65個分の広大な敷地に木々が広がる国営武蔵丘陵森林公園では、各所で紅葉を楽しめる。なかでも約20種約500本のカエデが集まるカエデ園は、11月中旬から下旬に見頃を迎える人気スポット。夜間開園「紅葉見ナイト(もみじみないと)」も実施予定。草月流による竹や間伐材を活用した「空間インスタレーション」や、足元を明るく照らす「アート行灯」の設置など、アートイルミネーションも行われ、街中とは一味違った味わい深い雰囲気が楽しめる。


■【関東・茨城県】花貫渓谷 / 川のせせらぎを聞きながら紅葉狩りを楽しむ
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
大小さまざまな淵と滝が連なる渓谷。小滝沢キャンプ場から汐見滝吊り橋付近では、秋になるとモミジなどが見事に色付き、鮮やかな景色が広がる。全長約60メートルの吊り橋を渡ると、眼下には汐見滝、さらに左右からは花貫川の清流沿いに茂る木々の枝がせり出し、紅葉を間近に感じることができる。例年、11月中旬から11月下旬頃が紅葉の見頃に。


■【関東・茨城県】筑波山 / 関東平野を一望できる紅葉スポット
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
男体山、女体山の2峰からなる筑波山は、標高の低い日本百名山の1つ。山頂から御幸ヶ原にかけてはブナをはじめとした落葉紅葉樹が多く、11月上旬から紅葉を楽しむことができる。また、筑波山神社そばのケーブルカー宮脇駅周辺の紅葉も見事。山頂へは登山コースのほか、ケーブルカー、ロープウェイを利用すれば山頂付近まで楽にアクセスできる。



■【甲信越】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【甲信越・新潟県】松雲山荘 / 自然の深紅につつまれる風光明媚な日本庭園
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
灯籠、太鼓橋、石碑、池などを配した情緒あふれる日本庭園は大正15年(1926年)の造園。この庭が1年のなかで最も美しい季節が秋。思わず目を奪われる色とりどりの約600本のモミジやドウダンツツジのグラデーションが園内を彩る。紅葉の朱と夜の青を結ぶ、美しいライティングによる光と色の競演も趣がある。



■【北陸】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【北陸・石川県】那谷寺 / 白い奇岩と紅葉のコントラストが鮮やか
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
2015年にフランスの旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に石川県南加賀から初めて掲載され、一つ星に格付けされた寺院。23万平方メートルの境内には重要文化財が点在する他、紅葉時にはイロハモミジ、ヤマモミジ、ハウチワカエデなどが赤々と色づき、白い奇岩遊仙境の岩肌に映える。例年、10月下旬頃から色付き始め、11月上旬から11月下旬頃にかけてが紅葉の見頃に。


■【北陸・石川県】特別名勝兼六園 / 国指定特別名勝の移り変わる風景
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
石川県の兼六園は国指定特別名勝で、日本三名園の一つ。江戸時代の代表的な林泉回遊式庭園で、春は桜、夏は木々の緑、秋は紅葉、冬は雪吊りと四季折々の風景が楽しめる。紅葉はモミジ類約340本、桜約400本、ケヤキ約50本、その他、ニシキギ、ドウダンツツジ等がある。赤や黄色に色づいた紅葉により、園内は趣深い雰囲気に。例年、11月上旬から11月下旬頃が紅葉の見頃となる。



■【東海】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【東海・静岡県】修善寺自然公園 もみじ林 / 密集した紅葉の木々が頭上を彩る
色付き状況:色づき始め(※2022年11月16日現在)
静岡県伊豆市に位置し、1万平方メートルの敷地に約1000本の紅葉群生林がある修善寺自然公園。紅葉は大正13年(1924年)町制施行記念として植樹され、「もみじ林」という名前で親しまれている。イロハカエデ、トウカエデ、オオモミジなどが代表種で、遊歩道を歩きながら紅葉を間近に感じられる。秋の紅葉の時期も美しく、見頃の11月中旬から12月上旬にかけて、赤から黄色まで絶妙に色合いを変えながら頭上を彩る紅葉は見応え抜群だ。


■【東海・静岡県】寸又峡 / エメラルドグリーンの川面に紅葉が映える
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
【2022年の紅葉まつりは開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください】
静岡県大井川支流の寸又川の峡谷で、秋には木々が赤や黄色に色づき、鮮やかな景観が楽しめる。夢のつり橋や、かつて森林鉄道が通っていた飛龍橋などからの眺望は見事。温泉街から、夢のつり橋、飛龍橋をめぐる遊歩道コースが整備されており、約90分で周遊できる。



■【関西】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【関西・京都府】洛北(圓光寺) / 境内山上から紅葉の名所が望める
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
圓光寺は、慶長6年(1601年)、徳川家康公が文治政策として閑室元佶(カンシツゲンキツ)師を招いて伏見に学問所を開いたのに始まり、圓光寺版と呼ぶ図書も出版、当時の木活字(重文)が現存する。寛文7年(1667年)、現在地に移転。庭園は新緑や紅葉時に美観を呈し、本堂前には水琴窟が設置され、妙音を聞ける。境内山上からは眼下に燃え立つ紅葉、遠くには北山や嵐山の眺望も楽しめる。


■【関西・奈良県】長谷寺(奈良県) / 回廊から眺める一面の紅葉
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
牡丹で有名な奈良県長谷寺だが、秋になると境内にある木々が紅葉をはじめ、最盛期には山全体が赤く染まる。約200メートルの屋根のある回廊、登廊を登る道中の景色は長谷寺ならでは。国宝の本堂に着くと三方が開けた舞台が秋の澄んだ空に向かい、錦秋を感じさせてくれる。


■【関西・大阪府】箕面(箕面大滝) / 真っ赤なカエデ越しに迫力満点の名瀑を眺める
色付き状況:色づき始め(※2022年11月16日現在)
「日本の滝百選」に選定されている落差33メートルの大滝。その流れ落ちる滝の姿が、農具の「箕」に似ていることから、箕面大滝と呼ばれるようになり、地名の由来もここから来ていると言われている。この滝周辺は四季折々に応じて美しく変化するが、特に秋は燃えたつ紅葉に滝の音が冴えわたり、秋涼爽快、我を忘れるほどの見事さだ。なお、箕面大滝だけでなく勝運の寺「勝尾寺」や「瀧安寺」「西江寺」など紅葉の名所を巡ることができるバスツアーも期間限定で運行される。インターネットによる事前予約販売で、席数に限りがあるので早めの予約がおすすめ。



■【中国】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【中国・広島県】佛通寺 / 西日本屈指の禅道場が色づくモミジで覆われる
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
臨済宗佛通寺派の大本山である佛通寺は、西日本屈指の禅道場として知られる。また、広島県内屈指の紅葉の名所でもあり、秋の紅葉の時期には参拝者や観光客が多く訪れる人気スポットだ。例年、10月下旬頃からモミジやカエデなどが色付き始める。


■【中国・山口県】大寧寺 / 赤い橋を引き立たせるように広がる紅葉
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
応永17年(1410年)創建と伝わる曹洞宗屈指の名刹。境内は広く、江戸時代に再建された本堂、かつての山門の礎石、戦国武将の大内義隆が顔を映して最期を悟ったと伝わる姿見の池、かぶと掛けの岩などがある。寺の前を流れる大寧寺川に架かる赤い虎渓橋を引き立たせるように紅葉が広がっており、撮影ポイントとしても人気だ。秋になると、イロハモミジ、イチョウなど約120本がきれいに色付く。



■【四国】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【四国・香川県】寒霞渓 / ロープウェイから眺める紅葉は圧巻
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
日本三大渓谷美のひとつに数えられ、ミシュラン・グリーンガイド四国に一つ星で紹介される、日本屈指の名勝地。深くきれ込んだ渓谷の中を行くロープウェイは2015年7月にリニューアルされ、広々とした車窓から寒霞渓自慢の渓谷美と瀬戸内の海岸美を一度に堪能できる。秋には島全体が赤や黄色に染まり、特に寒霞渓周辺の奇岩にそった紅葉がすばらしい。また春の山桜、初夏の新緑も美しく、四季を通じて楽しめる。


■【四国・愛媛県】鈍川渓谷 / えひめ自然100選にも選ばれた渓谷美
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
鈍川温泉沿いから奥へと続く渓谷。渓谷一帯が県立自然公園に指定され、「えひめ自然100選」にも選ばれた景勝地でもある。自然林と清流が美しく、特に秋には、イロハモミジやカエデ、ドウダンツツジなどが赤や黄色の鮮やかに色付き、渓谷が紅葉で彩られる。例年、11月上旬頃から色付き始め、11月中旬から11月下旬頃にかけて紅葉が見頃を迎える。



■【九州】今週末紅葉を楽しめそうな名所
■【九州・福岡県】呑山観音寺 / 多種多様の木々が境内や参道を真っ赤に染める
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
福岡県にある、昔からのみやまさんの愛称で親しまれる高野山真言宗の別格本山。心願成就を祈願するため多くの人々が参拝に訪れる。秋は紅葉のスポットでもあり、10月下旬から境内や参道の多種多様の木々が紅葉し始め、11月に見頃を迎える。特に本数が多いのはモミジ、ドウダンツツジで共に約1000本ある。本堂へ向かう道中の階段の周囲を深紅のモミジが彩る様子が美しい。


■【九州・福岡県】竈門神社 / 参道が紅葉のトンネルに
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
福岡県にある、神々が宿る山として崇められてきた宝満山の麓に鎮座する神社。宝満山の登山口として、また縁結びの神様として親しまれており、秋の紅葉シーズンには約300本あるカエデなどがさまざまな色に変化し境内を彩る。紅葉参道の階段周辺は紅葉が集中していて、見渡す限りの赤いグラデーションが美しい。例年、11月上旬頃から色付き始め、11月中旬から12月上旬頃にかけてが紅葉の見頃となる。


■【九州・鹿児島県】曽木の滝 / 水しぶきに映える鮮やかな紅葉
色付き状況:今見頃(※2022年11月16日現在)
【※2022年の紅葉まつりは開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください。】
滝幅210メートル、高さ12メートルの壮大なスケールを誇り、東洋のナイアガラとも呼ばれる曽木の滝。千畳岩の岩肌を削るように流れ落ちる水流とその轟音は豪快で迫力がある。秋の紅葉シーズンに見ることができる、滝の白い水しぶきと色鮮やかなモミジやイチョウのコントラストは圧巻の美しさ。例年、勤労感謝の日を中心とした1週間が一番の見頃となる。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.