サイト内
ウェブ

「俺、抱っこされたい!!」大人の“されたい”欲求を見事解決したのは「筋肉?」笑えるだけじゃない!実は深いい話

  • 2022年9月19日
  • Walkerplus

「大人になったら、抱っこも高い高いもされなくなるんだよなー」父親になった佐藤が育児中にふと思った疑問、それと同時に去来した切なさ。男が感じた「抱っこって、どんな気持ちなんだろう?」をコミカルに描いた柏木大樹(@kasiwagidaiki)さんの「抱っこされてみたい父親の話」が胸熱!と話題を集めている。

■大人になると忘れてしまう抱っこの温もり
抱っこが大好きな子供をみていると、「なんでそんなに抱っこが好きなのだろう?」と思う佐藤。

子供の代わりに妻を抱っこしてみて、感想を尋ねると「楽しかったよ」と妻はいう。しかし、佐藤は腰の悪い妻に自分を抱っこしてもらうことはできず、大人になったら簡単には抱っこされなくなることに気づく。

佐藤が感じた出来事を友人の山田に話すと「独り身の俺は、誰かを抱っこしたいよ」と、抱っこができる環境の佐藤がうらやましい様子。そして、3カ月後。突然現れた山田は、なぜか一回り体がビルドアップ!筋肉隆々なマッチョに変身していたのだった。

佐藤の「抱っこされたい」という願いを叶えるために体を鍛えた山田。そして、喜んで抱っこしてもらう佐藤。鍛えられた肉体にがっしりと抱っこされて大満足だ!

そして「高い高いもできるか?」と、大人になって初めての高い高いを体験。コメント欄では、山田の友人を思う気持ちに「胸熱!」「いい話」などの声が多く届いている。一体どんな状況で本作が生まれたのだろう。柏木さんに話を伺った。

■なんとなくされてみたい!?派生する抱っこブーム
――本作はフィクションですか?本作を描いたきっかけが何かありましたか?

フィクションですが、現在1歳の娘を毎日のように抱っこしていたのはきっかけの一つだったと思います。この話を描いた時期は別件で少し忙しかったので、少ないページ数と難しくない絵で何か1本できないかと考えながら、ランニングをしていたら思いつきました。

――抱っこからのさらなる展開(高い高いをしてみたり、山田も抱っこされたくなったり)に驚きと笑いがこみ上げました。

どうせだったら高い高いもして欲しいし、どうせだったら山田君も抱っこされたらいいんじゃないかと、その場の思い付きで展開を追加していったら今回はうまくハマったようで良かったです。

――本作を読んで抱っこされたい人が増加したと思うのですが、柏木さんは抱っこしてもらいましたか?感想を聞かせてください。

読者の皆様におかれましては、くれぐれも体に無理のない範囲で抱っこ行為を楽しんで頂ければと…。私は今のところ抱っこされる当てはありませんが、いずれ逞しい誰かと親しくなる機会でもあれば頼んでみたいです。

――その他、どのような漫画を描いていますか?

毎月2本、短編漫画を描いて公開しています。今回のように明るめな話もあれば、ホラーだったり、悲しいお話だったり、雑多に楽しく描いてます。短編がお好きな方は、過去作もこれから描く作品もぜひどうぞ。

また、芸人の土佐兄弟さんとコラボした「とさのたね」という作品をコミックアルナで連載しています。こちらもチェックしてみてください。

がっしりした肉体で安定感のある抱っこをしてもらう。想像するだけでも癒やされそうだ。本作を真似て抱っこしてみたくなったら、まずは肉体改造から始めるべきかもしれない。

取材協力:柏木大樹(@kasiwagidaiki)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.