サイト内
ウェブ

魚じゃないのに「魚」と錯覚する人が続出!次世代の代替食品「まるで魚シリーズ」が生まれた理由

  • 2022年9月17日
  • Walkerplus

日本ではなにかと食べる機会が多い魚料理。なかでも生魚を使った寿司などは海外で「ジャパニーズフード」と呼ばれ、国内外問わず多くの人に親しまれている。ただ一方で、生臭さが苦手だったりアレルギー体質であったり、近年ではヴィーガン思考の人も増えたりと、魚が食べられない人がいることも事実だ。

しかし、こうした魚に対する見方が大きく変わる可能性を秘めているのが、あづまフーズ株式会社が製造する「まるで魚シリーズ」。大豆ミートなどで知られる“代替食品”の1つだが、見た目はまさに生魚そのもの。地球にも人にもやさしい次世代食品として注目を集めつつある。

今の時代にフィットした新しい食品の誕生に、興味がある人も多いのではないだろうか。今回は、あづまフーズ株式会社(以下、あづまフーズ) 販売事業本部の坂下卓也さんに、「まるで魚シリーズ」の誕生秘話とユーザーから寄せられた驚きのエピソードを聞いた。さらにクオリティの高さを体験するべく、実際に商品を調理して実食レポート!

■原材料は「こんにゃく」!SDGsをきっかけに開発スタート
「まるで魚シリーズ」の開発がスタートしたのは2020年。あづまフーズと取引がある台湾の企業が、前身の商品を開発したことがきっかけだったんだとか。その後、日本でもSDGsの考えが浸透してきたことを受けて、あづまフーズと台湾の企業の共同開発によって日本風にアレンジ。2021年に次世代シーフードブランド「グリーンサーフ」を立ち上げ、国内での販売を開始した。

「現在、通常販売している商品は『まるでマグロ』(以下、マグロ)『まるでイカ』(以下、イカ)『まるでサーモン』(以下、サーモン)の3つで、原材料には『こんにゃく』を使用しています。また、当社はもともと水産加工メーカーなので、水産資源確保の一環として8年ほど前から代替食品の商品開発・提供に取り組んでいました。海外では欧米を中心に代替食産業が盛んになっていることを事前に掴んでいましたので、いずれ日本にも同じ流れがくると踏んで、『まるで魚シリーズ』の開発をスタートしました」

パッと見て「魚じゃない」と判断できる人はほとんどいないのではないか、と思えるほど再現度が高い「まるで魚シリーズ」だが、どのようにして作られているのだろうか。

■刺身の白い筋まで!見た目の再現度にこだわった理由
これまでもいろんな魚の代替食品が販売されているが、刺身にある“白い筋”まで忠実に再現している商品は、現状「まるで魚シリーズ」のみだと話す坂下さん。まさに「まるで魚」と言わしめる最たる要素と言える。

「台湾の現地メーカーからも、『筋を入れる技術は他社では再現できない』と聞いています。特に再現度が高いと言っていただけるのはマグロとサーモンですね。公式サイトではユーザーの方が商品を使用して作ってくださった料理の写真を掲載していますので、ぜひご覧になってください」

生魚が苦手な人の多くが最も気になるのは、「匂い」ではないだろうか。「まるで魚シリーズ」は原材料がこんにゃくであるため、特有の生臭さがないそう。苦手な人にとってはこれだけでも朗報かもしれない。

「食感については、もとがこんにゃくなので完全に再現するのは難しいですが、薄切りにすることで本来の歯ごたえに近づけることが可能です。醤油をつけることでより本物に近づくので、よかったら一度試してみてください。また、味についても多少の塩味があるだけで生魚には寄っていませんので、いろんな料理にアレンジできます。ただ、魚が好きな人は本物を食べられたほうがいいと思います(笑)」

開発するうえで重視しているのが“味”ではないのは、「さまざまな理由で魚が食べられない人が疎外感を抱かないように」という思いからだそうだ。

■「魚の味がする」?ユーザーからの驚きの声
前述のように、味については多少の塩味があるものの魚とは全く違う味のはずなのだが、ユーザーからは意外な声が寄せられているという。

「『魚の味がする』と言う人がたまにいらっしゃるんですよ。なかには『こんにゃくだ』とお伝えしても、見た目で魚だと思い込んでしまっているためか、感想が変わらない人もいます(笑)。その後、何回か食べてようやく味の違いに気づかれるみたいですが…。このように提供している私たちのほうが、思わずびっくりしてしまうようなお声をいただくことがあります」

また、坂下さんが偶然見かけた質問サイトでのあるやり取りがとても印象に残っているんだとか。

「『魚が食べられない子供に何かいい商品はないですか?』という質問に対して、弊社の『まるで魚シリーズ』が紹介されていて、その回答を受けた質問者さんが『そんな商品があったんですね!』と、感動されていたことがとても印象に残っています。この件で商品に需要があることを改めて実感しましたし、何よりブランドとしての自信にも繋がりましたね」

さらに、病気などの理由で魚に含まれるタンパク質を制限しなければいけない人たちからは、「見た目で魚料理の雰囲気を楽しめる」といった声も。開発当初には予想していなかった意外な需要が次々に生まれている。

■贅沢なアレもおつまみのアレも、次々再現!
そんな「まるで魚シリーズ」の第2弾として、「プラントうなぎ蒲焼」(以下、うなぎ蒲焼)と「プラントいかわさび」(以下、いかわさび)が2022年7月に登場。なんと、いずれもこんにゃくではない原材料で作られているという。
※うなぎ蒲焼は2022年8月19日をもって終売。いかわさびは9月1日より再販

「うなぎ蒲焼きは、身の部分には『豆腐』や『おから』、皮には『海藻由来の成分』を使用しています。なかでも再現が難しかったのは食感で、開発当初は見た目がよくても『口のなかでモサッとする』という声がありました。そこから試行錯誤を重ねてようやく完成に至りました」

いかわさびは、1個約8グラムでアイスキューブくらいの大きさ。ひと口サイズで食べやすく、冷奴や冷製パスタなどのトッピングにも使用できると評判の商品だ。

「これはナタデココ加工品などを原材料にして作っています。『たこわさびは作らないんですか?』と聞かれることがあるのですが、なかなかタコのあの食感を再現することができないんですよ。また、たこわさびは当社の老舗ブランドにありますので、ほかの商品と比べて“絶対に失敗できない”という、大きなプレッシャーがあります(笑)」

今後の目標について、水産加工メーカーのあづまフーズならではの「和え物」に挑戦したいんだとか。「いくら」「とびっこ」など魚卵系の商品も開発中らしいので、続報に期待したい。

■「まるで魚シリーズ」を実際に食べてみた
本当に味を錯覚してしまうほどの再現度なのかを体験するべく、取材後に早速調理を開始。まずイカとサーモンを袋から取り出した瞬間、「あっ、刺身だ」とひと言、頭のなかは早くも錯覚状態。聞いていたとおり臭みが全くないので、下処理をする必要がなく手軽に調理できるのがありがたい。さらに切ったときの感触も魚そのものなので、「本物では…」と一瞬疑ってしまった。

小皿に醤油を注いでわさびを準備し、いざ実食。ひと口ふた口とほお張り、つい「え、魚!?」と声に出してしまった。あまりに違和感がないので、魚ではないことを忘れて黙々と完食した。イカは少し分厚くカットしてしまったのにも関わらず、素材がこんにゃくであることが全く分からない…いや、「魚である」と錯覚しているだけなのだが。

結構なボリュームがあったものの、ぺろりとたいらげた筆者。満足感もさることながら、そのクオリティの高さに感激した。

筆者はもともと魚好きでアレルギーなども特にないが、そんな人でも十分に楽しめる食べ物だとわかった。また、魚に加え、“まるで魚”という新たな食の選択肢が増えたこともうれしかった。おいしく食べながらSDGsにも気軽に取り組める「まるで魚シリーズ」の今後の展開に注目だ。

取材・文=西脇章太(にげば企画)

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.