サイト内
ウェブ

明日がパラダイスになる、いいこと尽くしのアスパラスープ。「女子は絶対食べるべき!」【♡さゆりの超節約ごはん】

  • 2022年10月1日
  • Walkerplus

ボヨヨ〜ンでお馴染みの夫婦漫才師「かつみ♡さゆり」のさゆりさん。夫のかつみさんが結婚前から多額の借金を背負っていた話が有名だが、その後も借金返済のために始めた事業に失敗!同棲・新婚時代は想像を超える極貧生活を送っていたそうで、そんな生活の中で生まれたさゆりさん独自の節約レシピと、お金にまつわるちょっと笑えて、ちょっと泣けるエピソードもお届け。

今回は、旬じゃなくても作っているという超簡単な「アスパラスープ」をご紹介します。

■ポイントは生クリームではなく、豆乳を投入すること!
体重が気になるときに食べたい、ダイエット用の「アスパラスープ」を紹介します。おいしいポタージュスープを作るために、生クリームを使ったりすると思うんですけど、私のアスパラスープは美容・ダイエット目的なので、生クリームは一切使用いたしません。シンプルですので、逆に作りやすいと思います!

まず、以前にも紹介した超お気に入りの電子レンジ用調理器具「マイヤー エニディ」を使って、アスパラを軽く蒸します。この器具を使うと野菜がとってもおいしくなるので、本当にオススメなんです。蒸しあがったアスパラを細かく切り、それをミキサーでさらに細かくしたところに牛乳ではなく、イソフラボンの豆乳を投入いたします!

■今、一番欲しているのは、女性ホルモン不足を補うイソフラボン!
実は私、婦人科のほうの病気がありまして…。女性ホルモンが出過ぎていることが原因で、30代で婦人科系の手術を経験しているんですけど、ここのところまた、めまいがするようになりました。これは更年期の症状と似ているなと思ったので、病院に行ったんです。そうしたら私、全然、女性ホルモンが出ていなかったんです…!!それで先生に「女性ホルモン補充療法してください(涙)」と言ったら、私は婦人科の病気を抱えているから、補充をするとガン化しやすくなるので、できないと言われてしまって…。

前置きが長くなりましたが、つまり私が今、一番私が欲しているのは、女性ホルモン不足の体を補う“イソフラボン”なので、少しでも摂取できる豆乳を投入しちゃおうと。イソフラボンをボンボン入れちゃうわけです!

■スープの甘みは、パルスイートと調製豆乳で調整する
豆乳を入れたら、コンソメスープと塩こしょう、そしてカロリーゼロのパルスイートをちょっと入れます。すると少し甘くなって、プロ仕様っぽい味になるんです!生クリームを使用しない分をパルスイートで補い、豆乳も無調整じゃなく、調整にすると甘みと旨味がプラスされて、おいしくなります。調整豆乳で、調整します(笑)。

今日はいつもよりダジャレ多めです(笑)。昭和のオッチャン的愛すべきダジャレ文化が日本から消えないためにも、令和のZ世代の皆さまに継承されないかしらと思っているのですが、なかなかファッションのように一周回ってこないですね〜。ダジャレもSDGsみたいにかっこいい名前をつけたら、流行るかしら?DaJaReだから“DJR”みたいの。「これが私のDJR!」みたいな感じで。あはははは(笑)。

■女子にうれしい栄養素で、食べると明日がパラダイスに!
話がそれましたが、満を持して今日の料理名を発表いたします。今回のスープ名は、「明日はパラダイス!略して、“アスパラ”スープ」です。このためにダジャレの話をしたんですね。

アスパラはアスパラギン酸が豊富で、疲労を回復してくれるので、食べると明日はパラダイス!そのうえアスパラには、アンチエイジングに効果があると言われているルチンがめちゃくちゃ入っているので、女子は絶対食べるべき。さらにベータカロテンとそのほかの各種栄養素が、抗酸化作用と美肌効果に働くので、食べると明日はパラダイスだらけなんですね。

■最後の最後までおいしくいただける上に無駄もゼロに
旬になると番組でお世話になっている方が、北海道の立派なアスパラを箱でドーンと送ってくださるんです!すごく立派でおいしいアスパラなんですけど、最後の方になるとどうしても少しシナッとしてしまうんですよね。しかし!スープだったらミキサーにかけるので、そんなこと関係なく、最後までおいしくいただけるんです。

この方法はアスパラに限らず、どんな野菜でも活用できます。例えば、ちょっと痛んだ玉ネギをミキサーにかけてカレーに使うなど、いろいろ活用できるので試してみてください♪

■♡さゆりの節約レシピ/「明日はパラダイス!略して、“アスパラ”スープ」
私がお料理するときは、ぜ〜んぶ目分量!なので、お好みの味で仕上げてください!

1.アスパラをレンジでチン
切ったアスパラにお水とお塩を少し入れて、レンジでチン。

2.ミキサーにかける
ゆで汁ごとミキサーへ。この時、少しだけ豆乳も入れていま~す。

3.お鍋にうつして味付け
滑らかになったらお鍋にうつして、豆乳をドドっと投入~!バター・コンソメ顆粒・塩コショウ・パルスイートで味付けしたら、完成で~す♡

取材・文=及川静

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.