サイト内
ウェブ

今週末(4月2・3日)の桜見頃はここ!全国のまもなく見頃を迎えるお花見名所ガイド

  • 2022年4月1日
  • Walkerplus

全国的に満開を迎えつつある今年の桜。せっかくならベストなタイミングでお花見を楽しみたいので、ちょうど見頃の桜を知りたいという人も多いはず。そこで今回は、今見頃のスポットや、今週末(4月2・3日)に見頃を迎えそうな人気スポットをピックアップ!

※各スポットの見頃は2022年3月31日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等をご確認ください。
※その他の内容は取材時点の情報です。
※写真は2021年以前のものです。

■【関東・甲信越】今週末(4月2・3日)見頃になりそうな名所
■【東京都】靖國神社 / 東京の開花を告げる靖國神社の桜
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
明治2(1869)年、明治天皇の思し召しにより創建された招魂社が始まり。幕末の志士から先の大戦までの、国を守るために亡くなった方を祀っている。また、境内には東京管区気象台が指定した東京の桜の標本木があり、古くより桜の名所として知られている。
※2022年の桜祭りは開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください。


■【千葉県】千葉公園 / 約660本の桜が咲き揃う千葉県都心部の花見スポット
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
春は桜、初夏はオオガハス、秋は紅葉と、四季折々の風景を楽しむことができるほか、ボートや各種スポーツレクリエーションも行うことができる、千葉市の中心部にある総合公園。ソメイヨシノのほか、見頃の時期が異なるしだれ桜や河津桜が園内の春を演出。


■【埼玉県】熊谷桜堤 / 江戸時代から知られる桜の名所が今も人々を魅了する
開花状況:7分咲き(※2022年3月31日現在)
約500本のソメイヨシノがおよそ2キロに渡り咲き誇り、圧巻の光景が広がる。日本さくら名所100選のひとつで、土手には桜と同様に、菜の花が寄り添うように咲き続く。桜の淡い薄紅色と、菜の花の生命力あふれる黄色の光景は、息をのむ美しさだ。駅から徒歩5分と好アクセスで、3月の終わりから4月の初め頃に熊谷さくら祭が開催される。※菜の花は自生のため開花しないこともあります。


■【神奈川県】小田原城址公園 / 天守閣やお堀などを背景に咲く、満開の桜が絶景
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
国指定史跡である小田原城址公園は、桜の名所として知られ、年間を通して数多くのイベントが催される小田原の観光の中心だ。桜の時期には、日没後にぼんぼりに灯りがともされる。


■【茨城県】福岡堰 / 1.8キロにわたって続く450本の桜が壮観
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
関東三大堰のひとつで、桜の名所で有名な小貝川の福岡堰桜並木。茨城観光100選に選定された約1.8キロにも及ぶ堤に咲き誇る桜のトンネルは見応え充分。桜並木が続く堤は、遊歩道や多目的広場が整備され、散策や魚釣りを楽しむ人々の憩いの場となっている。


■【山梨県】身延山久遠寺 / 樹齢400年のしだれ桜が咲く日蓮宗総本山
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれた日蓮宗の総本山。久遠寺境内にある樹齢400年と伝わる2本のしだれ桜は、大きく垂れ下がる枝いっぱいに淡いピンクの花をつける。
※2022年の桜祭りは開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください。


■【山梨県】妙了寺 / 火災を逃れた樹齢100年超のしだれ桜が見事
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
南アルプス市にある妙了寺は、日蓮総本山「身延山久遠寺」に継ぐ寺で、「裏身延」といわれた古刹。境内にはソメイヨシノ、江戸桜、イトザクラが30本ほどある。中でも樹齢100年を超えるしだれ桜は昭和24年に起こった火災も逃れ、いまも毎年美しい花を咲かせる。




■【東海】今週末(4月2・3日)見頃になりそうな名所
■【岐阜県】新境川堤の桜並木 / 「百十郎桜」と呼ばれる見事な桜並木
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
市内を流れる新境川の両岸にはおよそ1000本の桜が立ち並び、日本さくらの会選定「日本さくら名所100選」にも選ばれている。地元出身の歌舞伎役者である市川百十郎がソメイヨシノの苗木を1000本寄贈したことから「百十郎桜」と呼ばれ、満開になると見事な桜並木となる。
※2022年は市民公園および新境川堤周辺の交通規制・歩行者天国は行いません。


■【愛知県】木曽川堤 / 樹齢100年を超える見事な桜並木が続く
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
国の名勝天然記念物。138タワーパーク沿いの木曽川堤に、樹齢100年を越える見事な桜並木が約9キロ続く。1885(明治18)年に堤防一帯に桜が植栽され、現在は400本以上の彼岸桜、しだれ桜を中心とした古木が堤防を覆うように咲く。


■【愛知県】岡崎公園 / 夜桜の情景は東海随一
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
日本さくら名所100選に選定されている岡崎公園は、徳川家康公が生まれた城として有名な岡崎城を中心とする公園と、周辺にかけて約800本の桜が咲き競い、夜桜風景は東海随一といわれる。園内は24時間開放しており、駅から10分とアクセスも良く、公園内の散策が楽しめる。公園内にあるパワースポット・龍城神社もおすすめ。



■【関西】今週末(4月2・3日)見頃になりそうな名所
■【和歌山県】紀三井寺 / 関西一の早咲き桜の名所
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
770(宝亀元)年に唐僧・為光上人によって開基された霊刹。関西一の早咲き桜の名所として知られており、日本さくら名所100選にも選定されている。名草山の中腹に位置し、桜越しに和歌浦湾の絶景が広がる。


■【京都府】向日神社 / 境内を覆い尽くさんばかりの見事な桜
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
向日山に鎮座された、向日神を祀る上ノ社(向神社)と火雷大神を祀る下ノ社(火雷神社)。本殿は室町時代の流造様式の代表的な建築物で、重要文化財に指定されている。
※2022年の桜祭りは開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください。


■【大阪府】狭山池公園 / 大阪府内一番に花見ができる公園
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
日本の歴史公園100選にも選定されている狭山池公園は、池の周遊路に早咲きの越の彼岸が多く、3月下旬から開花が見られる。4月中旬に咲く八重桜類もあり、長期間にわたって花見が楽しめる。
※2022年の桜まつりは開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください。


■【大阪府】大仙公園 / 桜が咲き乱れる歴史公園
開花状況:7分咲き(※2022年3月31日現在)
仁徳天皇陵古墳と履中天皇陵古墳の間に広がる緑豊かな公園で、日本歴史公園100選にも選定。公園内にはソメイヨシノや山桜、大島桜など、さまざまな種類の桜が植えられており、毎年春には花見を楽しむ家族連れで賑わう。


■【奈良県】高田千本桜 / 川の両岸2.5キロにも及ぶ桜並木を楽しむ
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
高田川畔の千本桜は、市制施行の1948(昭和23)年に植樹されたもの。樹齢70年を超え年輪を重ねた見事な桜並木を見ることができる。夕闇とともにぼんぼりが灯り、ライトアップされた夜桜も必見だ。
※2022年のイベントおよび露店出店は中止になりました。詳細は公式サイト等でご確認ください。



■【中国】今週末(4月2・3日)見頃になりそうな名所
■【広島県】平和記念公園 / 300本のソメイヨシノが開花、夜桜も
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
広島市の中心部にあり、世界平和を願う人々の聖地として親しまれている、川と緑に囲まれた美しい公園。約300本のソメイヨシノが咲き誇る。河川では雁木タクシーや河川遊覧船に乗って花見とリバークルーズを楽しむこともできる。


■【岡山県】津山城(鶴山公園) / 津山城と桜の豪華な風景が楽しめる
開花状況:7分咲き(※2022年3月31日現在)
日本さくら名所100選に選定されており、岡山県屈指の桜の見どころといえる。立派な石垣を背景に豪華絢爛に咲き乱れる桜は迫力満点。ライトアップされた夜桜を眼下に見る風景も幻想的でおすすめ。



■【四国】今週末(4月2・3日)見頃になりそうな名所
■【香川県】特別名勝 栗林公園 / 「お庭の国宝」とも称される特別名勝に指定された公園
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
国の特別名勝に指定され、日本を代表する大名庭園として国内外から高い評価を得ている。園内にはソメイヨシノを中心に約300本の桜がある。湖面に映る桜の艶やかさと松の翠の色彩の妙が見どころ。


■【徳島県】眉山公園 / 桜が咲き誇り、徳島市内の夜景も堪能できるスポット
開花状況:7分咲き(※2022年3月31日現在)
明るい日差しの中で見る桜は絶景。夜は徳島市内の夜景も堪能できるスポットになっている。眉山の頂上からは中心市街地をはじめ、遠くは阿讃山脈や瀬戸内海、紀州の山々を望める眺望絶景の地だ。



■【九州】今週末(4月2・3日)見頃になりそうな名所
■【熊本県】熊本城 / 熊本城の復旧に向け咲き誇る桜
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
熊本地震から復興が進む熊本城では、毎年3月下旬から4月上旬にかけて桜の馬場 城彩苑や二の丸広場周辺で桜を見ることができる。
※特別公開の詳細は公式サイトでご確認ください。


■【長崎県】橘公園(橘神社)の桜 / 約800本の桜が咲き誇る長崎県有数の桜の名所
開花状況:満開(※2022年3月31日現在)
約800本のソメイヨシノが咲き誇り、長崎県下でも有数の桜の名所として知られる。トンネルのように連なった桜並木が神社の参道を彩る。開花期間中は様々なイベントが行われ、夜間はぼんぼりが灯り、幽玄な雰囲気の夜桜を楽しむことができる。
※2022年の桜祭りは開催未定です。詳細は公式サイト等でご確認ください。



■【大分県】しだれ桜の里の桜 / 西日本一の規模を誇る、八重紅しだれ桜300本
開花状況:7分咲き(※2022年3月31日現在)
くじゅう連山の麓にある山の斜面約10ヘクタールを切り開いて作られた、手作りの桜の公園。NPO法人しだれの里を創る会を中心に、2007年頃から整備が進められた。例年の見頃となる3月上旬~4月下旬頃にかけては、約2600本の桜が3万坪の里山を彩る。桜はそれぞれ花期が異なり、早咲きの大漁桜1600本は3月初旬に開花する。



※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.