サイト内
ウェブ

今週末(11月27・28日)の紅葉見頃はここ!東日本・西日本の見頃紅葉名所ガイド

  • 2021年11月26日
  • Walkerplus

11月終盤、今年の紅葉シーズンもいよいよ佳境だ。これから12月にかけて見頃を迎える場所がある一方で、中にはすでに落葉が進んでいるスポットも。そこで今回は、今週末(11月27・28日)にばっちり紅葉を楽しめそうな東日本・西日本の人気スポットをピックアップ!

※各スポットの見頃は2021年11月25日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等をご確認ください。
※その他の内容は取材時点の情報です。
※写真は2020年以前のものです。

■【関東】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【関東】日比谷公園 / ビジネス街のオアシス
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
幕末までは松平肥前守などの大名屋敷であったが、明治時代に陸軍練兵場となる。その後「都市の公園」として計画、設計、造成し、日本初の近代的な洋風公園として誕生した。花壇には1年中色鮮やかな四季の花が咲き、ビジネス街に勤める人達の憩いの場となっている。1903(明治36)年開園当時のデザインの、S字形の園路のイチョウ並木が見事な黄葉を見せてくれる。また、雲形池は都市公園等の噴水としては日本で三番目に古いとされる鶴の噴水がある池。春は桜の開花、秋から冬にかけてのイチョウ、モミジの紅葉黄葉は見事だ。



■【関東】国営武蔵丘陵森林公園 / 約20種・約500本のカエデをライトアップ
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
東京ドーム約65個分の広大な敷地に木々が広がる国営武蔵丘陵森林公園では、各所で紅葉を楽しめる。中でも約20種約500本のカエデが集まるカエデ園は、11月中旬から下旬に見頃を迎える人気スポット。夜間開園「紅葉見ナイト(もみじみないと)」も実施予定だ。草月流による竹や間伐材を活用した「空間インスタレーション」や、足元を明るく照らす「アート行灯」の設置など、アートイルミネーションも行われ、街中とは一味違った味わい深い雰囲気が楽しめる。



■【関東】養老渓谷 / 紅葉観賞が楽しめるハイキングスポット
色付き状況:色付き始め(※2021年11月25日現在)
養老川上流の養老渓谷は、市原市朝生原から大多喜町粟又まで約7キロに渡る広いエリアで、ハイキングのメッカといわれている。色付いた山々を眺望できる大福山展望台、中瀬遊歩道や滝めぐり遊歩道といった川沿いの散策コースのほか、懸崖境・筒森もみじ谷などがあり、楽しみ方はさまざまだ。※2021年の養老渓谷もみじまつりは開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください。



■【関東】花貫渓谷 / 川のせせらぎを聞きながら紅葉狩りを楽しむ
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
大小さまざまな淵と滝が連なる渓谷。小滝沢キャンプ場から汐見滝吊り橋付近では、モミジなどが見事に色付き、鮮やかな景色が広がる。全長60メートルの吊り橋を渡ると、眼下には汐見滝、さらに左右からは花貫川の清流沿いに茂る木々の枝がせり出し、紅葉を間近に感じることができる。





■【甲信越】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【甲信越】身延山西谷 / 御草庵跡で見られる色鮮やかなカエデの紅葉
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
身延山総門から門前町を通り抜けた先にある西谷には、久遠寺縁の霊蹟が点在。紅色のカエデと常緑の杉が織りなす艶やかな紅葉を、趣ある街道沿いに見ることができる。久遠寺周辺にある宿坊の庭園を、紅葉狩りをしながらゆっくりと探索するのも趣深い。紅葉シーズンには、身延山ロープウェイから眼下に西谷の紅葉を一望でき、晩秋には境内に植えられた冬桜を紅葉と共に楽しめる。




■【北陸】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【北陸】大原山・西福寺 / 北陸きっての名刹の庭園で美しき紅葉を観賞
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
14世紀に活躍した名僧・良如上人が建立した浄土宗きっての名刹(めいさつ)。福井城主・結城秀康公の寄進で書院が建てられた徳川家ゆかりの地でもあり、1400坪にもおよぶ書院庭園は極楽浄土を地上に表現したともいわれ、国の名勝に指定されている。特に朝日に映える新緑・紅葉はまるで別世界のよう。応仁の乱を避けて都から移設された文化財も多く、重要文化財も多数存在しているのが特徴。四季折々でさまざまな表情を見せてくれる庭園は、11月中旬頃が一番の見頃。紅葉に覆われ美しさも際立つ。




■【東海】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【東海】修善寺自然公園 もみじ林 / 密集した紅葉の木々が頭上を彩る
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
約80ヘクタールの敷地に、約1000本の紅葉群生林がある修善寺自然公園。モミジは1924(大正13)年町制施行記念として植樹され、「もみじ林」という名前で親しまれている。イロハカエデ、トウカエデ、オオモミジなどが代表種で、遊歩道を歩きながら紅葉を間近に感じられる。見頃の11月中旬から12月上旬にかけて、赤から黄色まで絶妙に色合いを変えながら頭上を彩る紅葉も見応えたっぷり。



■【東海】赤目四十八滝 / 赤目五瀑をはじめ大小さまざまな滝が点在
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
約4キロの赤目四十八滝渓谷は、室生火山群が多年に渡る風化浸食作用により現出した柱状節理の断崖絶壁に挟まれ、赤目五瀑と呼ばれる不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝をはじめ、大小さまざまな滝が点在する。秋の紅葉ではイロハモミジ、カエデ、ヤマザクラなどを楽しむことができ、長坂山へのトレッキングコースからは、渓谷と赤く染まった山並みを一望できる。



■【東海】くらがり渓谷 / 渓谷一帯を赤や黄に染める自然美を堪能
色付き状況:色付き始め(※2021年11月25日現在)
本宮山県立自然公園の南西部の、標高250メートルから600メートルの間に位置する景勝地。手つかずの自然が残る渓流で、秋は赤黄に染まる紅葉が渓谷を彩る。2021年11月13日~12月5日(日)の期間、くらがり渓谷紅葉まつりを開催している。




■【関西】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【関西】メタセコイア並木 / 約500本のメタセコイアと直線道路が造り出す絶景
色付き状況:色付き始め(※2021年11月25日現在)
果物狩りができる農園・マキノピックランドから、キャンプやスキーが楽しめるマキノ高原へ約2.4キロに渡って続くメタセコイア並木。道の両側に植えられた約500本のメタセコイアは、秋になると美しく紅葉し、黄色からレンガ色に徐々に染まる。例年11月下旬~12月下旬頃が見頃となる。円錐型のメタセコイア並木と、まっすぐに延びる道路が造り出す対称形の整った景観は、遠景となる野坂山地の山々ともに調和し、新・日本街路樹100景にも選ばれている。



■【関西】永観堂 禅林寺 / 多宝塔を紅葉が包み込む
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
山の中腹にあり、境内の最も高い場所にある多宝塔を紅葉が包み込む幻想的な光景は必見。数ある京都紅葉名所の中でも、古今和歌集に「モミジの永観堂」と詠まれるほどの紅葉の美しさで知られ、約3000本のモミジが池泉回遊式庭園や多宝塔などを飾る。垣のようにはりめぐらされた岩に紅葉が映える様子は、岩垣もみじと呼ばれている。



■【関西】奈良公園 / 紅葉と常緑樹のコントラストが鮮やか
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
古都・奈良の顔で、国の天然記念物にも指定されている、野生のシカが生息していることでもおなじみの奈良公園。約511万平方メートルの巨大な敷地に、東大寺、興福寺、 春日大社、奈良国立博物館、正倉院など、数々の社寺や文化施設が隣接する都市公園だ。若草山の山容を望む見事な景観が特徴で、秋になると桜やイチョウの木々が美しい紅葉の表情を見せる。紅葉の様子も各スポットごとに異なるので、さまざまなスポットを巡りながら楽しむことができる。



■【関西】東山(清水寺) / 紅葉する木々と美しい町並みの共演が見事
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
世界遺産「古都京都の文化財」のひとつである清水寺。13万平方メートルの広大な境内には、国宝や重要文化財を含む30以上の伽藍(がらん)や碑(いしぶみ)が建ち並ぶ。中でも、京都の町を見下ろせる「清水の舞台」はあまりにも有名だ。四季それぞれ違う表情が見られ、秋には紅葉の名所となる。昼には鮮やかに染まった木々を街並みと合わせて楽しむことができるほか、11月下旬からは夜間特別拝観にてライトアップも行われ、昼とはひと味違う幻想的な雰囲気で紅葉を観賞できる。




■【中国】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【中国】宮島・紅葉谷公園 / 公園名にも使われた紅葉が絶景
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
宮島・紅葉谷公園は、嚴島神社から徒歩5分、瀰山原始林(みせんげんしりん)の麓に位置する。シーズン中はイロハカエデ、オオモミジ、ウリハダカエデ、ヤマモミジなど、約700本が紅葉する。シーズン終わり頃には、散った紅葉で地面が赤く染まる。島内には紅葉谷公園のほか歴史的建造物が多く、紅葉狩りをしながら散策を楽しむことができる。



■【中国】旧閑谷学校 / 閑静な山あいの学校が紅葉に包まれる
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
1670(寛文10)年に、岡山藩主池田光政が庶民教育のために創らせた学校で、特別史跡に指定されている。閑静な山あいにあり、紅葉、深緑の季節が美しい。特に中国山東省の孔子廟から種を持ち帰り移植されたカイノキは、赤と黄色の見事な紅葉を見せる。



■【中国】岡山後楽園 / 幻想的な秋の庭園美を観賞
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
日本三名園に数えられる広大な大名庭園。園内では、錦織り成す名所「千入(ちしお)の森」の紅葉がおすすめ。千入とは、幾度も染めるという意味。日ごとに深まる紅葉のさまを表しており、約300年前の築庭当時からこの名で親しまれている。




■【四国】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【四国】特別名勝 栗林公園 / 大名庭園を色鮮やかに染める紅葉
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
江戸時代、高松藩の歴代藩主により100年余りの歳月をかけ完成した庭園。国の特別名勝に指定されており、日本を代表する大名庭園として国内外から高い評価を得ている。湖に映った紅葉と庭園のコントラストは必見。



■【四国】西山興隆寺 / 西山の山腹に佇み、歴史を見守ってきた紅葉の寺
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
桓武天皇の勅願寺となって以来、千有余年、東予随一の霊地として信仰を集める寺。本堂や銅鐘など多くの文化財を有し、歴史のある建物からは、自然と融合しながら威厳のある佇まいを感じることができる。四季折々の景色も格別で、名勝として県指定も受けている。初詣や花見シーズンなど年間を通し参拝者が多く訪れているが、特に秋の紅葉シーズンは人気。例年の紅葉の見頃は11月上旬から12月中旬で、紅葉の美しさから「もみじ寺」と呼ばれ広く親しまれている。※2021年の紅葉まつりは開催されません。



■【四国】寒霞渓 / ロープウェイから眺める紅葉は圧巻
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
日本三大渓谷美のひとつに数えられ、ミシュラン・グリーンガイド四国に一つ星で紹介される、日本屈指の名勝地。深くきれ込んだ渓谷の中をゆくロープウェイは2015年7月にリニューアルされ、広々とした車窓から、寒霞渓自慢の渓谷美と瀬戸内の海岸美を一度に堪能できる。秋には島全体が紅葉し、特に寒霞渓周辺の奇岩にそった紅葉が素晴らしい。※2021年の寒霞渓もみじ茶会は開催されません。詳細は公式サイト等でご確認ください。




■【九州】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所
■【九州】勝山公園 / 鮮やかに色付いたイチョウが迎える市のシンボル的公園
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
勝山公園は北九州市のシンボル公園で、「小倉城」を中心に「小倉城庭園」や「松本清張記念館」、「中央図書館」といった観光・文化施設がある。園内の紅葉の見所は小倉城天守閣周辺で、イチョウやハゼノキが鮮やかに色付き、訪れる人を魅了する。また、市役所庁舎の展望室からは公園の紅葉を見渡すことができる。



■【九州】秋月城跡周辺 / 秋に輝く筑前の小京都
色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)
秋月は「筑前の小京都」とも呼ばれる城下町。例年、11月下旬から12月初旬にかけて、黒門周辺にある約20本のカエデが赤く染まる。紅葉と黒門のコントラストが特に素晴らしく、毎年早朝より多くの観光客で賑わう。杉の馬場には露店が並び、ゆっくりと紅葉を堪能できる。見頃については公式サイトにて要確認。






※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.