サイト内
ウェブ

九州のアーティストを観る、熊本県の熊本市現代美術館で「段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者」が開催中

  • 2021年5月11日
  • Walkerplus

熊本県熊本市の熊本市現代美術館 ギャラリーⅠ・Ⅱで「段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者」を6月13日(日)まで開催中。

本展では、九州を拠点にして自らの生きる環境に根差した問題意識を持って主体的な活動を行う、同時代の表現者7組(加藤笑平、すうひゃん。、畑直幸、オレクトロニカ、宮本華子、HOTEL ASIA PROJECT、山内光枝)を紹介する。

それぞれの場所で展開される作家たちの実践例を通して、九州の環境と状況に即した芸術や表現者のあり方、そして「私たちにとって切実な表現とは何か?」ということを問いかけている。

また、映像作品の上映会やギャラリートークなどのイベントも予定されている。「段々降りてゆく ー九州の地に根を張る7組の表現者」に出かけて、九州に根ざすアーティストの声を感じよう。

※観覧料:一般1100円、シニア(65歳以上)900円、学生(高校生以上)600円、中学生以下無料、各種障害者手帳所持者(付き添いの方1名にも適用)、電車・バス1日乗車券等、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証をご提示の方にも適用、美術館友の会証をご提示の方は1回限り割引料金で入場可。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置/イベントは事前申込制
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限/入館時にチェックシートの記入

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.