サイト内
ウェブ

「煙のない社会」目指すフィリップ モリス 福岡・天神エリア最大規模の商業施設に加熱式たばこ専用室を整備

  • 2021年3月30日
  • Walkerplus

2020年4月1日から、改正された健康増進法が全面施行され、まもなく1年。紙巻たばこの喫煙をめぐって、さまざまな課題解決への機運が高まっている。そんななか、加熱式たばこの専用室・エリアを広げる活動に取組んでいるフィリップ モリス ジャパンは、福岡・天神エリア最大規模の商業施設「CAITAC SQUARE GARDEN」に、新たな加熱式たばこ専用室を整備した。 

同社では、地域を代表する観光地やリゾート、商業施設などに加熱式たばこ専用室・エリアを導入する「煙のないランドマーク」を広げる活動に取組み、計11件を展開している(2021年3月現在)。これらのランドマーク11件を対象に、加熱式専用エリア導入についてのアンケート調査を実施したところ、ZOZOマリンスタジアムや、ユネスコ世界文化遺産登録の白川郷合掌造り集落を有する岐阜県大野郡白川村など、多数の担当者からポジティブな意見を得た。

同社が掲げる「煙のない社会」の実現に対し、78%が「大変良い取組みと思う」、22%が「良い取組みと思う」と回答。また、「煙のない環境整備を導入して、事業全体に対して良い影響をもたらしたと思うか」との質問に対しては、44%が「大変良い影響を与えている」、56%が「良い影響を与えている」と回答した。

ZOZOマリンスタジアムの担当者は「(煙のない環境整備の導入後は)紙巻たばこの副流煙を気にされる方や(大人が持つ紙巻たばこの高さが子供の目線の高さに伴う火傷も含めて)子供への危害を心配されていた方からの感謝の声もいただきました」とコメント。

白川村の尾崎達也氏は「(煙のない環境整備以前は)インバウンドによる訪日外国人観光客の増加に伴う紙巻たばこの火災リスクがありましたが、(煙のない環境整備の導入後は)世界遺産白川郷合掌造り集落においては、改正健康増進法の施行に準じた環境整備はもとより、茅葺き屋根の合掌造りがもたらす火災リスクの軽減に繋がりました」とコメントしている。

そして、施設周辺での紙巻たばこの路上喫煙・吸い殻のポイ捨てにより、「近隣住民から苦情が寄せられていた」という福岡・天神エリアでは、地域最大規模の新商業施設「CAITAC SQUARE GARDEN」内に加熱式たばこ専用室を整備。

同所は、大型フェスの映像クリエイティブや演出・企業のブランディングなど、幅広い分野で活躍する吉田拓巳氏が空間プロデュースを担当し、福岡出身のデザイナーで、全国で活動するOsamu Kitamura氏が空間内のアートデザインを担当。“Smoke Free”の“Free”から連想されるイメージをもとに、“透明感のある都市での生活スタイル”を表現した「Smoke Free City」というKitamura氏の文字アート作品を壁面に描写。今までにない新しい加熱式たばこ専用室を完成させた。

「CAITAC SQUARE GARDEN」のプロジェクト総責任者である、カイタックグループ、アキアゴーラカンパニー社長の中原伸広氏は、この加熱式たばこ専用室を設置した背景として「お客さまへのホスピタリティを模索していくなかで、フィリップ モリス ジャパンの『煙のない社会』を目指すビジョン実現に賛同するに至りました。設置後、お陰さまでお客さまから『とてもいい取組みだと思います』など多くの反響をいただいており、うれしく思っております」とコメント。「ご利用されるお客さまから、スタイリッシュで非常に心地いい空間だったとの声も多数いただきました」と、自慢の新空間に胸を張った。

また、フィリップ モリス ジャパン チャンネルアクティベーション&イベンツ マネージャー 鶴岡斉氏は、「『CAITAC SQUARE GARDEN』が『煙のない天神』への大きな一歩となるように」と期待。

「天神はアパレルショップが多く集まり、流行に敏感な方々が集まる福岡のアイコニックな情報発信拠点であることから、紙巻たばこをめぐる課題解決を求める声が高まっている」とニーズに耳を傾け、「『CAITAC SQUARE GARDEN』とは、『煙のない』環境整備に関する協議を重ねてきた結果、この度、加熱式たばこのみ使用可能な『煙のない複合施設』を実現することができました。施設内の加熱式たばこ専用エリアでは、内装を福岡出身のクリエイターであるOsamu Kitamura氏にデザインいただき、“天神らしさ”を表現するよう努めました」と内装のこだわりポイントを紹介。

「施設の利用者の皆さまに、よりクリーンで快適な環境を体感いただき、この取組みが福岡、九州、そして全国の複合施設へと広がっていくことを願っております」とも語った。

観光地や大型施設、飲食店などにおいて注目される、紙巻たばこ喫煙をめぐるさまざまな課題にいち早く取組んだ「CAITAC SQUARE GARDEN」。ターゲット層にリーチするこの新スタイルの加熱式たばこ専用室は、課題解決に貢献してくれそうだ。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.