サイト内
ウェブ

海洋国家・琉球に迫る、千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で「海の帝国琉球」が開催中

  • 2021年4月12日
  • Walkerplus

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」を5月9日(日)まで開催中だ。

コロンブスやマゼランが開いた大航海時代より以前、東アジア海域では14世紀代から活発な交易が行われていた。その中心となったのが海洋国家・琉球だ。琉球はその活動の過程で、言語も習俗も異なる周辺の島々、八重山・宮古・奄美に侵攻し、それぞれの社会を大きく変化させた。このことが現在の日本国の国境を定めていることは、あまり知られていない。

文献資料がほとんど残っていないこれらの地域の歴史は、琉球王国によって作られた歴史書をもとに語られてきた。しかし島々を歩くと、ジャングルの中には当時の村が遺跡として眠っており、そこからは大量の陶磁器が発見されていて、琉球王国とは別の世界が、そこには確かにあったことが判る。

本展では、これまでほとんど注目されてこなかった琉球の帝国的側面に視点を据え、八重山・宮古や奄美といった周辺地域から琉球をとらえ直し、たくさんの青磁や白磁、国宝の文書や重要文化財の梵鐘、屏風や絵図など400点を超える資料から新たな歴史像を示す。

日本の新たな歴史の側面に触れられる特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」に出かけよう。

※料金 一般:600円、大学生:250円(高校生以下料無料、障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料)

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温・入館者確認票の記入/マスク着用/混雑時の入場制限
【その他】
新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る来館にあたってのお願い、当館の感染防止への取り組み等詳細については公式ホームページ参照。

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.