サイト内
ウェブ

熊本のシンボルも桜の季節、熊本県熊本市の熊本城の桜はいつが見頃?

  • 2021年3月27日
  • Walkerplus

熊本県熊本市の熊本城の桜が3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎える。

加藤清正によって関ケ原の戦いの前には現在の位置に築城され始め、1607年(慶長12年)に本丸が完成した日本三名城のひとつ熊本城。

熊本城の桜は、1955年から1975年頃に植栽されたものが多く、春には天守閣を豪華絢爛に彩り花見客の目を楽しませる。桜は、ソメイヨシノを中心にヤマザクラ、ヒゴザクラ(肥後桜)など約800本の木々の花が咲き誇る。

熊本地震の影響で立入規制が続いているが、特別公開エリア(日曜、祝日のみ)のほか、隣接する桜の馬場 城彩苑、二の丸広場、長塀通りなどの周辺から桜を眺めることができる。

二の丸広場、行幸坂、監物台樹木園、坪井川沿い(長塀沿い)が、特に桜の見どころとなっていて、城のくっきりとした黒壁に映える満開の桜は見応え抜群。
今春は熊本城を彩る満開の桜を見に熊本城へ出かけよう。

※特別公開入園料:高校生以上500円(団体料金400円)、小・中学生200円(団体料金160円)、未就学児無料

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.