サイト内
ウェブ

「わーすた」坂元葉月と小玉梨々華、夏の素顔が明らかに!

  • 2020年8月17日
  • Walkerplus

「ポッター平井の激推しアイドル!」第229回は、坂元葉月・廣川奈々聖・松田美里・小玉梨々華・三品瑠香の5人組アイドルグループ「わーすた」が登場!

8月12日にニューシングル「サンデー!サンシャイン!」をリリースしたばかりの彼女たち。今回はメンバーを代表して、坂元葉月と小玉梨々華にアンケート形式で、それぞれの近況や新曲のタイトルにちなんだテーマについてのエピソード、ニューシングル収録曲のおすすめポイントを聞いた。

■「サン○○」でテーマトーク!

――まずは、自己紹介をお願いします!

坂元「わーすたの神戸出身!坂元葉月です!」

小玉「小玉梨々華です!北海道出身の19歳です」

――おうち時間の過ごし方を教えて下さい。

坂元「映画を観たり、Switchのマリオカートをしたり、テレビを観ながら思うがままに絵を描いて、色塗りしたりしています!」

小玉「映画を観たり、料理や勉強をしたり、お部屋の片付けをしていることが多いです」

――夏らしいことは何かしましたか?

坂元「まだ夏らしいことはしていないんですが、気温と直射日光で夏を感じています(笑)。紫外線も年々強くなってきていて、肌がジリジリ焼けている気がするので、人生初の日傘を買いました!」

小玉「かき氷屋さんでおいしいかき氷を何度か食べました!おうちではスイカも食べましたよ。ただ、今までに比べると夏らしいことはあまりできていないので、今年はネイルやメイクや服などで夏を楽しんでいます」

――ニューシングル「サンデー!サンシャイン!」というタイトルにちなんで、「サン○○」をテーマに、それぞれのエピソードなどを教えて下さい!

◆サンキュー(→感謝を伝えたい人は?)

坂元「テレビ局の皆さん!自粛でずっと家にいることが多くなったんですが、毎日いろんなテレビ番組を放送してくださるので、充実しています。あとは、外に出てお店や駅で働いてくださっている方には本当に感謝しています。この期間で改めて感じました!」

小玉「わーしっぷ(ファン)のみんな!会えない間、私達がみんなを元気にさせないといけないのに、わーしっぷの言葉にすごく救われたし、元気をもらいました。改めて、みんながいないと何も活動ができないことを実感しました。本当に感謝です!」

◆サングラス(→持ってる?どんな時にかける?)

坂元「大好きです!眩しいからかけるっていう理由もあるんですが、人見知りだからなのか、サングラスをかけると人と対面する時に1枚レンズの壁ができるので、すごく生きやすくなります(笑)。基本的に使うのは4種類。今年はマスクもつけないといけないし、マスク+サングラスだと悪目立ちしちゃって視線を感じるので、今年はかけるのをやめました(笑)」

小玉「持ってます!目からも日焼けをするので、紫外線が強い時にかけます!あとは、海外に行く時は必ず持っていきます」

◆サンダル(→よく履く?こだわりは?)

坂元「あまり履かないんですが、スポーツサンダルは1個だけ持ってます!基本的にパンツスタイルでも履けるものだったり、少し身長を盛れるものを選びがちです!(笑)」

小玉「よく履きます。厚底やヒールがあるサンダルが好きです!」

◆サンドイッチ(→何サンドが好き?)

坂元「今まではBLTサンドが好きだったんですが、最近、たまごサンドが強いなと感じています!たまにエビカツサンドにも惹かれます!」

小玉「チーズとハムのサンドイッチが好きです!」

◆サンリオ(→好きなサンリオキャラは?)

坂元「昔はシナモロールやウサハナ、ちびまるが好きだったんですが、今はポチャッコ、タキシードサムが好きです!最近知って可愛いなと思ったのは、シュガークリームパフ、パウピポ、ピーク・ア・ブーです」

小玉「キキララ!一緒にわーすたの曲を踊った事があるのですが、その時の踊り方がかわいすぎて、キュンキュンしたのを覚えています」

◆サンデー(→日曜日の楽しみは?子どもの頃のエピソードなどでもOK)

坂元「昔はずっと日曜日のお昼に『横丁へよ~こちょ!』を観ていて、それがすごく楽しみでした。土曜は『吉本新喜劇』、日曜は『横丁へよ~こちょ!』を観ながらお昼ご飯を食べるのが定番でした!」

小玉「小学生の頃は友達と暗くなるまで公園で遊んだり、自転車に乗って行き先も決めずにお散歩するような、結構アクティブな人でした」

◆サンシャイン(→日光を浴びるのは好き?日焼け止めは必需品?)

坂元「自分の中に葉緑体があるんじゃないかなと思うくらい、日光というか、光合成が大事なタイプの人間です(笑)。日焼け止めは将来のためにも気をつけるようにはしていて、でも塗り直しとかはしないので、やばいなーと思っています(笑)。今年は日傘を買ったので、これからは日焼けも気にしつつ光合成したいと思います!」

小玉「毎日、日焼け止めと日傘は必須です。日光が好き!日焼けしたい!と思ったことが人生で一度もないです」

■わーすた初の夏ソング『サンデー!サンシャイン!』

――『サンデー!サンシャイン!』の聴きどころは?

坂元「スカを取り入れためちゃくちゃオシャレなメロディーで、心もパッと明るくなるような夏にピッタリの楽曲です!オープンカーとかに乗って、海辺を走りながら聴くと最高だと思います!」

小玉「スカを取り入れたオシャレな音楽と、一度聴くと耳に残るぐらいキャッチーなサビが聴きどころです!」

――初めてこの曲を聴いた時の感想は?

坂元「良い意味で、わーすたらしくない楽曲だなと思いました。王道アイドル夏ソング!っていうイメージが強かったです。仮歌の時点では自分たちが歌っているイメージが全然わかなくて、レコーディングが終わってから、こんな感じなんだ!って、やっとイメージがわきました」

小玉「すごく夏っぽい曲で、ドライブしながら聴きたい曲だなぁと思いました!」

――MVの見どころは?特にお気に入りのシーンは?

坂元「今回はコロナの影響もあって全て1人ずつの撮影だったんですが、CGでしか表せない良さがあったり、個別の撮影だからこそ全カット顔が盛れてると思います(笑)。特にお気に入りのシーンは、夕日に向かって私が『わあー!』って叫んでいるシーンです。めちゃくちゃエモーショナルで、完成した映像を見た時に『良い!』ってなりました!」

小玉「今回のMVは全てのカットをメンバー全員別々に撮影したのですが、それを感じさせない全員のダンスシーンが見どころです!お気に入りのシーンは、私が帽子を追いかけているところです」

――MV撮影中の裏話は?

坂元「1人ずつの撮影だったので、ダンスシーンでは全員のテンションを揃えるのが難しかったです。ダンスも教えてもらってすぐの撮影だったので、撮影していないメンバーも振付師の方もカメラの後ろでずっと踊っていました(笑)」

小玉「撮影した日の天気がとても悪くて。雨が降っていたのですが、照明をたくさん使って明るくしてもらって、すごく晴れているような映像を撮ったことです」

――カップリング曲の「べちょべちょパンケーキ?feat.そこの君。a.k.a.ヲタ」の聴きどころは?

坂元「パフォーマンスメンバー(坂元・松田・小玉)のユニット曲になっていて、AメロBメロは3人の掛け合いや、たまに出ちゃっている方言とかにも注目して聴いて欲しいです!そして2番のサビは、まさかのファンの方が主メロで、私たちはほぼコーラスというか合いの手という歌詞割なので、ぜひ覚えて一緒に歌ってほしいです!」

小玉「今どきのワードや悩みがこの一曲にたくさん詰まっているところです。学生の皆さんには共感してもらえる部分があるんじゃないかなと思います!」

――同じくカップリング曲の「四季ドロップス」の聴きどころは?

坂元「1曲の中で四季を表現している楽曲で『日本の四季は素敵だな』と私自身思っているので、聴く時に皆さんも四季折々を想像して聴いてほしいです。夕焼け空とかで聴くとより良い楽曲になると思います!」

小玉「歌詞の中に入っている、切なさやロマンティックさ、前向きさ、色んな感情を読みとって聴いていただきたいです」

■様々なものを通じて元気を届けたい!

――10月2日(金)~4日(日)に開催される「TIF オンライン 2020」に出演が決定しました!意気込みを聞かせて下さい。

坂元「毎年、真夏の空の下で開催していたイベントなので少し寂しい気持ちはあるんですが、オンラインなので地方に住んでいる方にも届けられますし、皆さんもライブとライブの間に急いで走る!という事もないと思うので、お家で楽しんでいただけたらと思います。画面越しではありますが、例年以上の熱量を届けられるように私達も精一杯頑張ります!ぜひ、わーすたのステージも観てください!」

小玉「TIFは毎年出演させていただいていたので、今年も出演できることがすごくうれしいです。オンラインですし、時期は秋ということでいつもとは違ったライブになると思いますが、今だからこそできるライブをみんなと楽しめたらいいなと思っています。個人的に20歳になって初めてのライブなので、とてもワクワクしています。頑張ります!」

――最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします!

坂元「いつもわーすたを応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます!初めましての方!わーすたです!(笑)。今年は新型コロナウイルスの影響で、少し気分が落ちてしまったり、今まで通りにいかない部分が多々あると思います。ですが、私たちはオンラインやSNSなど、様々なものを通じて皆さんに元気を届けたいと思っています。今は地方の方も参加しやすい状況だと思うので、普段会えない方にも、この機会に私たちの事をたくさん知ってもらいたいです。精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

小玉「今年は当たり前だったことが当たり前では無かったなと感じることがたくさんあって、寂しい思いや悔しい思いもしたのですが、だからこそ、当たり前だった日常が戻ってきた時にすごく幸せを感じられると思っています。楽しい未来のために一緒に乗り越えましょう!応援してくださっている皆さん、本当にいつもありがとうございます。直接会える日を楽しみにしています!」

取材・文=ポッター平井

<ポッター平井・プロフィール>
構成作家・ライター。MBSラジオ『NMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドル・サポーター。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.