サイト内
ウェブ

夏祭りや花火の中止が相次いだ2020年、”日本の夏”が集うイベントが全国のららぽーとで開催

  • 2020年8月7日
  • Walkerplus

夏本番を迎え、蒸し暑い日々が続くこの頃。新型コロナウイルスの影響で、数多くの花火大会や夏祭りが中止となった今年、身近な商業施設で夏の思い出をつくってほしいという願いから、全国のららぽーと15施設、ラゾーナ川崎プラザ、ダイバーシティ東京プラザにて、”日本の夏”を感じられる夏祭りや花火、各地の名産品などを一挙に集結させた「ららぽーとmeets JAPAN」が開催中。日本文化を感じられるイベントやグルメ、グッズが勢ぞろいしている。

■オリジナルの花火が打ち上げられる!?夏らしさ抜群のイベント
「アーバンドック ららぽーと豊洲」(東京都江東区)では、8月23日(日)までの期間、デジタル技術と日本文化を融合させたデジタル花火アートが中庭を彩る。館内には色とりどりの風鈴がつるされ、幻想的で涼しげな夏の音色を体感できそうだ。

「ららぽーと横浜」(神奈川県横浜市)では、9月6日(日)までの期間、「日本の祭り博 in LaLaport YOKOHAMA」が開催中。館内の巨大サイネージに自分が描いた花火が打ち上がるデジタル花火や、ポスターにスマートフォンをかざすと動画が流れる「スマホ de 夏祭り in ららぽーと横浜」など、日本の夏祭りの魅力を目一杯に詰め込んでいる。

「ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉県船橋市)の館内では、8月23日(日)までの期間、夏の風物詩を耳で楽しめる花火音だけのラジオ番組「花火大会特番」が特別配信中。他にも、日本全国のご当地スイーツを味わうことができるスイーツマルシェや、ふなっしーの動画を参考に「踊ってみた動画」を投稿するとプレゼントが当たる特別企画も実施されている。まさに、全身で夏を味わえるイベントだ。

さらに、「ららぽーとTOKYO-BAY」「ららぽーと富士見」などの5施設でも、デジタルサイネージに自分だけの花火を打ち上げるイベントが実施中。受付は各施設の公式サイトにて、8月10日(月・祝)まで行われている。

■爽やかなお茶からクールなシューズまで。“日本らしさ”を堪能しよう!

「ららぽーとmeets JAPAN」には、日本が誇る技術をいかした製品や、伝統的な日本の夏の風物詩ともいえるアイテム、日本のカルチャー関連グッズ、各地の名産を使用した食品などが展開されている。

「白桃煎茶」(税込1150円)は、新鮮な白桃を思わせる甘く瑞々しい香りを上質な日本の煎茶にまとわせた、爽やかでこれからの季節にぴったりな一品だ。

「ブックオブティー・ジャパン -日本三十景-」(税込3850円/数量限定)は、日本の伝統的な風景をパッケージに、厳選された30もの紅茶、緑茶、ハーブティーのティーバッグが詰め合わさっている。

また、メイド・イン・ジャパンならではの緻密な設計と丁寧な仕事で、快適な履き心地を提供する「ダイアナ」のレースパンプス(税込7920円)は、透け感が美しく、女性らしさを引き出してくれる。

他にも、和紙の糸を使ったデニムのマスクで、何度も繰り返し使え、デニムの経年劣化も楽しめる「和紙デニムマスク」(税込1419円)や、話題の書道アーティスト・原愛梨さんとコラボした「G*JユニセックスコラボT2」(税込3850円)など、和を感じる商品が満載だ。

なかなか遠出の難しい今だからこそ、近場で日本の夏を楽しめるこの機会。今年の夏は、ららぽーとで「夏」を感じてみるのはいかがだろうか。

※全国のららぽーと、ラゾーナ川崎プラザ、ダイバーシティ東京プラザは、来場者が安心してイベントやショッピングを楽しめるよう、施設でのコロナウイルス感染拡大予防対策の実施はもちろん、来場者にも協力を呼びかけながら営業中。詳細は各館の公式サイトをチェック。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.