サイト内
ウェブ

3密回避もバッチリ!茶畑の真ん中でかき氷を堪能できる贅沢プラン登場

  • 2020年7月22日
  • Walkerplus

一面の茶畑の真ん中にティーテラスを作り、淹れたてのお茶やお茶のかき氷とともに美しい静岡の景色を味わう。そんな空間貸し出し型体験プログラム「茶の間」が現在、予約受付中だ。3密を避ける絶好のロケーションにもなっているので、外出自粛中に会えなかった家族や友人との再会の場としてもぴったり。90分間たっぷり、茶畑の景色を独り占めしながらかき氷を味わうという、贅沢な時間を過ごすことができる。※コースによって一部体験時間が異なる場合あり

「茶の間」は7月7日より3カ月ぶりに通常予約を再開。参加の流れは以下の通りだ。まずは、電話またはメール、公式Instagramのいずれかの連絡先から、体験3日前までに予約を完了させる。完全予約制なので、必ず事前に予約するようにしよう。当日は、茶農家さんの家の前で集合すると、茶葉、急須、茶碗、お湯ポット、おしぼりなどの 「茶の間セット」が入ったリュックが渡される。茶葉はその日に最適なものを茶園の方が厳選したもの。 淹れ方メモも入っているので安心だ。

準備ができたら、地図を見ながら自分たちで畑の中の「茶の間」へ!山道あり、斜面ありの「茶の間」へ向かえば気分はまるで遠足。到着したら、新緑の茶畑と空の青、海の碧とのコントラストを楽しむなり、本場のお茶に舌鼓を打つなり自由な時間を過ごそう。※内容は異なる場合あり

「茶の間」には、絶景を満喫できる「天空の茶の間」や、富士山のお膝元である元祖・茶の間「富士の茶の間」など、個性の異なる6種類が展開。ぜひコンプリートしてみたい。

さらに、7〜8月には、お茶を使ったかき氷「茶氷」と冷茶1種をセットにした「プレミアム茶氷プラン」(税込3000円/1人)が登場予定。5カ所の茶の間ごとにオリジナルのシロップが用意されているので、食べ比べもおすすめだ。

「茶葉ばなれ」が懸念される国内の若い世代にお茶文化、茶葉体験を促進するこの取り組み。今一度、日本の「お茶」の奥深さを知るのにもいい機会だ。茶畑の中で、ぜひ穏やかな時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

なお、「茶の間」でも新型コロナウイルス感染拡大対策が実施中。手洗いうがいの徹底、マスク着用、茶の間グッズの除菌の徹底、トイレ・ドアノブ等の除菌を行っている。自身や家族に発熱・咳等の症状がある場合や、海外渡航歴がある人と接触がある場合には来訪を控え、実際に訪れる際には必ずマスクを着用する(茶の間利用時を除く)ようにしよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.