サイト内
ウェブ

3密を回避するリアル×オンラインの新スタイル花火大会!「17LIVE」で無料ライブ配信

  • 2020年7月23日
  • Walkerplus

ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」を運営する「株式会社17 Media Japan」では、コロナ禍における新たな花火大会のモデルケースとなる「Starlit Night Fireworks in 関西」を、8月7日(金)20時より同アプリで配信する。アプリをあらかじめインストールすれば、だれでも無料で視聴可能。視聴者はコメントを通じてライブ感あふれるコミュニケーションを楽しむと共に、有料のデジタルギフトなどで花火大会を支援することもできる。

専門家による監修と国内最高水準の安全性のもと、「3密回避花火大会実行委員会」が主催・運営を行うウィズコロナ時代の花火大会が、「Starlit Night Fireworks in 関西」だ。新型コロナウイルスの影響により多くの花火大会が中止となる一方で、火薬の製造・貯蔵制限がある花火業者は、消費予定だった花火玉の製造の最盛期を迎えている。また、新しい生活様式の提案により、人々の不安やストレス、閉塞感がいまだ解消されない日々が続いている。こういった現状を踏まえて、「社会を取り巻く不安を花火で解消し、花火業者への支援となる花火大会を実施できないか」という思いから、同企画の実施が決定。3密を避けるため、来場者の数を限定し、当日まで打ち上げ場所を伏せたスタイルで行われる。

当日は、兵庫県某所で実施される花火大会の模様を「17LIVE」にてリアルタイムで配信。また、クラウドファンディングによって運営資金を募ると共に、そのリターンとして、観覧エリアや駐車スペースのチケットを数量限定で販売している。会場では、密となる空間や状況を回避するレイアウトを徹底するほか、オリジナルマスクの配布を予定。リアルでの鑑賞を楽しみたいという人は、クラウドファンディングの支援を通して事前にチケットを購入するのがおすすめだ。

「悪疫退散祈願」を目的として花火を打ち上げたことが花火大会のルーツとも言われていることから、同企画も同様に、「花火を見上げる人全員で、一刻も早いコロナウイルスの収束を祈ろう」という思いを込めて行われるという。花火業者への応援と明るい未来への願いを胸に、手持ちのスマートフォンから花火大会に参加してみよう!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。


キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.