サイト内
ウェブ

「あざらし」「溶けたお餅」の異名を持つ話題のわんこ・もっちくんの“溶けカワ”コレクション

  • 2020年7月18日
  • Walkerplus

フワフワの毛並みに小柄で丸みのあるフォルム、ウルウルの瞳がチャーミングなペキニーズ。“ブサかわ”と評されることも多い個性的なルックスが特徴だが、実は中国にルーツを持ち、中国歴代王朝やイギリスの宮廷などで愛されてきた由緒正しき犬なのだ。今回は、そんな不思議な魅力を持つペキニーズを代表して、Instagramで1.4万人のファンから愛される、“モチモチ感”がキュートなもっちくん(6歳・♂)をご紹介しよう!

“あざらし”“溶けたお餅”“白いフワフワ”など、白くて柔らかそうなものによく例えられるもっちくん。Instagramに投稿されている写真の約8割が、心地よさそうな寝顔やリラックスしきった寝姿、睡魔に耐え切れずまどろんでいるような表情であり、まさにその光景は癒やしそのものだ。そんなもっちくんの姿を見て眠気を誘われるという人も多く、投稿には「もっちくんの顔見てると、一緒にゴロゴロしたくなりますね」「もっちに催眠術かけられてるみたい」「寝顔がとっても可愛いです」といったフォロワーのコメントが全国、さらには海外からも寄せられている。


今やみんなの癒やしの存在として人気を集めるもっちくんが、飼い主さんの家にやって来たのは約6年前。「ぺちゃっとしてやる気のないお顔と、“ポテポテ”とした歩き方が大好きです!」という筋金入りのペキニーズ好きの飼い主さんが、たまたまチェックしていたペットショップのホームページで、もっちくんを見つけたことがお迎えしたきっかけだという。

「もともとペキニーズが大好きだったのですが、もっちを見た瞬間に一目惚れしました。すぐにお店に問い合わせをして、高知県のペットショップから遠路遥々、我が家へ来てもらいました!『一目見てこの子だ!』と思えるような、運命的な出会いでしたね」
投稿されている写真から伝わる通り、自宅でゆったりくつろぐことや、飼い主さんの腕や足にひっついて寝ることが大好きな甘えん坊のもっちくん。しかしお散歩の時や、好きな食べ物を前にすると一転、「眠気なんてなんのその」という具合に活発になるのだという。

「家では、まったりコロコロのんびりという感じで過ごしてますが、おでかけと分かるとひょう変して、テンションMAXではしゃぎ始めます(笑)。食べ物はレバー、いも、ゆで卵、ブロッコリー、果物、納豆などが特にお気に入りです」
「もっちを見てるだけで幸せホルモンが大放出してます(笑)」というほどに溺愛する飼い主さん。ペキニーズ、そしてもっちくんが好きすぎるあまり、もっちくんをモデルにしたキュートなキャラクター「白ペキくん」やもっちくんのベストショットをデザインした、オリジナルグッズの制作・販売も行っているのだとか。

「ペキニーズのグッズってなかなか売っていなくて、『あればいいのになぁ…。無いなら作ればいいか!』と思って作り始めました(笑)」
ちょっと一息つきたい時やリラックスしたい時には、見るもの全てを癒やしてくれる“白くてフワフワな生き物”もっちくんを眺めるのがオススメ。Instagramをチェックして、チャームポイントであるもっちもちの溶けたような顔と体、眠気を誘う極上の寝姿を堪能しよう!
画像提供:もっち(@peki_moco)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.