サイト内
ウェブ

古式鮎漁を目前で堪能!山口県岩国市で「錦帯橋のう飼」が開催中

  • 2020年7月29日
  • Walkerplus

山口県岩国市の錦帯橋鵜飼乗り場で「錦帯橋のう飼」が9月10日(木)まで開催している。


錦帯橋の夏の風物詩である「う飼」を、遊覧船に乗って観賞できる(※今年度は乗合船は中止で貸切遊覧のみ)。かがり火で幽玄に照らし出された錦川で、烏帽子・腰みのという伝統衣装に身を包んだ鵜匠と鵜が見事なコンビネーションを展開。手が届きそうな近さで繰り広げられる古式鮎漁を見ることができる。名勝錦帯橋と岩国城を背景に、鵜と鵜匠の一心同体の妙技を楽しもう。


担当者は「今年は貸切船のみの運航となり、1日8組限定4名様以上で貸切が可能となります。ご家族や職場の仲間で、楽しいひと時を過ごしませんか?期間中、7月1~7日、21日、8月5日には『ゆかたDAY』も開催。浴衣を着てお弁当を食べながら、ライトアップされた錦帯橋と鵜匠の巧みな手縄さばきをご覧いただき、非日常的な空間をお楽しみいただけます」と魅力を紹介し、参加を呼びかける。

貸切船に乗りプライベートな空間で楽しめる「錦帯橋のう飼」。間近で繰り広げられる古式鮎漁の醍醐味を錦帯橋の姿と共に堪能しよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.