サイト内
ウェブ

中国地方 気温変化激しい2月 3月スタートは山陰や山陽北部で雪 真冬の寒さに

  • 2024年2月29日
  • tenki.jp

中国地方は、2月中旬は季節外れの暖かさになりましたが、そのまま春にはならず、下旬はこの時期らしい寒さや平年より寒くなるなど、寒暖差が大きくなりました。3月1日から2日は山陰や山陽北部で雪が降り、真冬並みの厳しい寒さとなる見込みです。体調を崩さないよう、お気をつけください。

今日2月29日(木)雨で気温上がらず 真冬並みの寒さの所も

画像A

今日29日(木)は、西日本の南岸付近を前線を伴った低気圧が進み、中国地方は広く雨が降っています。今夜にかけて、雨が降る見込みです。

日中は気温があまり上がらず、最高気温が10℃を超えた所は少なく、真冬並みの寒さとなった所があります。

明日3月1日(金)夜は山陰の平野部でも雪に

画像B

明日1日(金)は低気圧や前線が中国地方から離れ、北から寒気が流れ込むでしょう。平地で雪を降らせるレベルの寒気が、四国の南まで流れ込む見込みです。中国地方は全般に雲が広がり、山陰や山陽北部を中心に雨が降ったりやんだりでしょう。午後は山地で雪になり、夜は山陰の平野部でも雪になる見込みです。北西の風が強まり、厳しい寒さとなるでしょう。車を運転される際は、見通しの悪化や路面の凍結に注意が必要です。
防寒も万全にしておいてください。

スギ花粉の飛散はピークに 天気の崩れがなく 風が強い日は飛散量が急増

画像C

明後日2日(土)も、午前中は寒気の影響で山陰や山陽北部は雪や雨が降ったりやんだりでしょう。午後は、山陽を中心に天気が回復に向かい、晴れる見込みです。日中の最高気温は、山陽南部の高い所でも8℃くらいで、真冬並みの寒さでしょう。路面の凍結や積雪にご注意ください。

3日(日)は山陽は大体晴れる見込みです。山陰は北日本を進む気圧の谷の影響で、雲が広がり雨や雪の降る所があるでしょう。西寄りの風がやや強い見込みです。スギ花粉が大量に飛ぶ可能性があります。
4日(月)の日中は晴れる所が多いですが、夜は気圧の谷や湿った空気の影響で山口県や広島県で雨が降るでしょう。
5日(火)は前線や低気圧の影響で雨が降る見込みです。
来週後半は湿った空気や寒気の影響で雲が広がり、雨や雪の降る所があるでしょう。朝の冷え込みは弱いですが、日中はこの時期らしい気温か平年より低い見込みです。

なお、スギ花粉の飛散がピークを迎えるでしょう。天気の大きな崩れがなく、風が強い日はスギ花粉の飛ぶ量が増える見込みです。花粉症の方は、万全な対策が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp