サイト内
ウェブ

23日の関東 平地でも雪 水戸では積雪状態に スリップ事故や転倒に注意

  • 2024年2月23日
  • tenki.jp

今日23日(金)天皇誕生日、関東では冷たい雨や雪が降り、震える寒さに。午前6時現在、積雪の深さは水戸市で2センチ。平地でも雪になる所があり、路面の凍結に注意が必要です。

平地で雪の所も 水戸は積雪状態

画像A

今日23日(金)天皇誕生日の関東は、昼過ぎにかけて広い範囲で冷たい雨や雪が降るでしょう。上空には寒気が流れ込んでいるため、平地でも雪の降る所がありそうです。茨城県では、昼前にかけて大雪になる所があるでしょう。

午前6時の東京都心の天気は「雨」。気温は1.8℃と、雪になってもおかしくない気温です。水戸市は午前6時現在、気温が0.6℃、積雪の深さは2センチ。うっすらと雪が積もっています。

12時の天気分布では、秩父から箱根周辺にかけての山沿い、北部の平地も所々で「雪」の予想です。関東南部の平地は「みぞれ」か「雨」の所が多くなっています。予想より少し気温が下がるだけで、雪の範囲が広がるため、レーダーなどで最新の情報を確認してください。

前線が次第に南下するため、夕方以降は次第にやみますが、千葉県では夜まで雨や雪が降りやすいでしょう。雪が積もらなくても路面の凍結など注意が必要です。

極寒の一日

画像B

雨や雪の影響で日中も気温が上がりません。最高気温は5℃前後の所が多く、震えるような寒さが続きそうです。北よりの風が吹くため、体感温度も下がるでしょう。

東京都心は、最高気温が4℃の予想です。2月6日(火)に最高気温5.4℃を観測しましたが、昨年12月以降で5℃を下回った日はまだありません。

また、3日前は初夏のような陽気だったのが、一転して真冬の寒さになっています。気温の低さだけでなく、激しい寒暖差で体調を崩さないようにしてください。

路面の凍結 特に注意すべき所は

画像C

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。

(1)橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。

(2)トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。

(3)交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。

(4)日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp