サイト内
ウェブ

北日本は冬の嵐 今夜にかけて北海道で暴風雪 東北で暴風に警戒

  • 2024年2月1日
  • tenki.jp

今日1日は、北日本で冬型の気圧配置が強まり、日本海側を中心に、雪や風が強まり、荒れた天気となっています。北海道岩内郡岩内町でも、雪を伴った風が強まり、見通しが悪化している様子が分かります。今夜にかけて、見通しが効かないホワイトアウトに十分な警戒を。

北日本で冬の嵐 局地的に積雪急増や暴風雪

画像A

今日1日は、前線を伴った低気圧が北海道の北東の海上を発達しながら進んでいます。
北日本では、冬型の気圧配置が強まり、日本海側を中心に雪や風が強まり、荒れた天気となっています。午前10時までの3時間降雪量は北海道旭川市で19センチとなり、2月としては統計開始以来、1位の値を更新しました。局地的に短時間で積雪が急増している所があります。

午前11時までの最大瞬間風速は、北海道えりも岬で32.2メートル(午前8時47分・西北西の風)、宮城県女川町で27.1メートル(午前10時21分・北西の風)、栃木県奥日光でも24.0メートル(午前9時14分・西南西の風)を観測しました。風に向かって歩けないほどの強い風が吹き荒れています。

北海道は今夜にかけて暴風雪に警戒 東北は夕方まで暴風に警戒

画像B

午前11時現在、北海道には暴風雪警報、宮城県には暴風警報の発表されている所があります。
北海道では、日本海側は今日1日昼過ぎにかけて、太平洋側やオホーツク海側では、今夜にかけて暴風雪に警戒してください。

また、宮城県東部では夕方にかけて暴風の恐れがあります。交通の影響などに十分な注意が必要です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp