サイト内
ウェブ

2週間天気 短い周期で天気変化 日本海側は積雪増加 再び季節外れの暖かさも

  • 2023年12月11日
  • tenki.jp

この先は、たびたび低気圧や前線、寒気の影響を受けやすく、短い周期で天気が変わるでしょう。日本海側は雪の降る日が多く、年末にかけてグッと積雪が増えそうです。1週目は気温の変動が大きく、東京では再び20℃を超える日がありそうです。

12日〜18日の天気

画像A

明日12日にかけて、本州付近を低気圧や前線が通過する見込みです。前線に向かって流れ込む暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定になるでしょう。午前中を中心に、近畿から東北南部は広くまとまった雨となり、雷を伴った激しい雨の降る所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にご注意ください。東北北部や内陸の標高の高い所では雪が降り、積雪となる所があるでしょう。13⽇は、北⽇本を中⼼とした冬型の気圧配置となり、北⽇本中⼼に荒れた天気となる所がありそうです。

14日は本州付近は高気圧に覆われるため、九州から東北は広く晴れるでしょう。15日から16日にかけて⽇本海を東に進む低気圧で荒れた天気となる所があり、低気圧の発達の程度や進路等によっては⽇本海側を中⼼に降⽔量が増えるおそれがあります。17⽇頃からは、⽇本付近は冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込む見込みです。北陸や東北と北海道の日本海側を中心に雪が降り、風も強まり、荒れた天気となるおそれがあります。また山陰など西日本の日本海側でも雪が降りそうです。今後の情報に注意が必要です。

この一週間の最高気温は、変動が大きく、東京では16日に再び20℃を超えて、季節外れの暖かさになりそうです。

19日〜24日の天気

画像B

19日以降は、太平洋側を中心に晴れる日が続く見込みです。一方、北陸や東北の日本海側を中心に、しばらく雪の降る日が続くでしょう。年末にかけて積雪もグッと増えてきそうです。北海道も23日と24日は雪が降るでしょう。

気温は、札幌では真冬日(最高気温が0℃未満)が続く見込みです。仙台や新潟の最高気温は、5℃前後、最低気温は仙台は0℃未満の冬日が続き、新潟も冬日の日がありそうです。本格的な冬の寒さが続くでしょう。

関東は10℃くらいか、10℃を少し超える程度で、この時期らしい寒さが続きそうです。東海から九州は10℃に届かない日もあるでしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp