サイト内
ウェブ

午後2時まで都心10℃届かず 明日から寒さ緩み20℃到達も 週明け冷たい雨で寒く

  • 2023年12月5日
  • tenki.jp

今日5日、東京都心は午後2時までの最高気温が10℃に届かず、冬本番の寒さに。明日以降は日に日に気温が上昇し、週末にかけて最高気温が20℃に達するなど季節外れの暖かさも。ただ、週明けは南岸低気圧の影響を受けて、関東は冷たい雨が降り、一気に年の瀬の寒さに。

今日5日 東京都心や名古屋市 10℃に届かず 真冬並みの寒さ

画像A

今日5日(火)、日本の南海上を進む低気圧の影響で、四国から近畿、東海、関東など太平洋側ほど厚い雲に覆われ、雨の降っている所があります。
午後2時までの最高気温は東京都心は9.5℃、名古屋市で9.0℃など10℃に届かず、真冬の寒さとなっています。

一方、日が差している九州北部では気温が上がり、福岡市で15.8℃まで上がっています。
札幌市も日差しがあり、午後2時までの最高気温は10.5℃と東京都心や名古屋市、大阪市よりも高い気温です。

関東以西は週末にかけて暖気優勢に

画像B

今夜から明日6日(水)朝にかけて、四国から関東は所々で雨が降るでしょう。
明日6日(水)日中以降、関東以西は晴れる日が続き、日に日に寒さが和らぐ見込みです。北日本は日によって寒暖差が大きいでしょう。

この先は、日本海から北日本を周期的に前線が通過します。
最初の前線通過のタイミングは明日6日(水)から7日(木)にかけてで、明日6日(水)夜は九州北部や山陰で雨、7日(木)は、北陸や東北、北海道は雨や雪で、西日本の太平洋側も一時ザっと雨が降るでしょう。前線通過後の8日(金)は、北日本の上空に寒気が流れ込むため、北海道はこの時期らしい寒さとなる見込みです。

一方、関東以西は気温が上がりやすい「南高北低型」の気圧配置に。
8日(金)から9日(土)に北日本を通る低気圧や前線に向かって、南から暖気が流れ込むため、東日本や西日本は広く季節外れの暖かさになるでしょう。週末にかけて暖かな空気に覆われる関東から西は、最高気温が20℃に達する日もあり、昼間は上着要らずの暖かさになる日もありそうです。

ただ、週明けは「南岸低気圧」が進んでくるため、西から冷たい雨が降るでしょう。このタイミングで気温は一気に下がりそうです。

12日は関東で冷たい雨 内陸部では雪の可能性も

画像C

12日(火)頃は、関東は広い範囲で冷たい雨となりますが、関東内陸部や東北の太平洋側では雪がまじる可能性があります。
低気圧の発達度合いや、寒気の流れ込みによっては、まとまった雪になる所もあるでしょう。

まだ先の予報になるため、大幅に天気予報が変わる可能性があります。今後の情報に注意し、早めの備えを心がけてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp