サイト内
ウェブ

このあと!18時前に国際宇宙ステーション「きぼう」出現 東京や大阪などでチャンス

  • 2023年12月2日
  • tenki.jp

今日2日(土)は午後5時45分頃に、日本上空を「きぼう」(国際宇宙ステーション/ISS)が通過します。今回は北海道から本州が目視可能エリアに入っていて、東京や大阪などでは比較的空の低い位置を通過していく予想です。晴れる所が多いため、広い範囲で観測が期待できます。

スマホでも撮影可能!

画像A

国際宇宙ステーション(ISS)とは地上から約400km上空に建設された実験施設で、「きぼう」はそのうちの日本実験棟です。ISSはサッカー場くらいの大きさです。

条件次第では肉眼でも見ることができて、スマートフォンで十分に撮影可能です。写真は東京都内で、実際にスマートフォンで撮影したものです。

通過予想時刻の3分くらい前から、出現が予想される方角の空を、なるべく視野を広くして探すことがコツです。光の点が、飛行機よりも速いスピードで流れていくため、見逃さないように探してみて下さい。

太平洋側中心にチャンスあり

画像B

北日本〜東日本の太平洋側と、近畿や中国地方、四国は広い範囲で晴れて、多くの所で観測のチャンスがありそうです。

ただ、日が暮れたあとは気温が下がり、風が昼間以上に冷たく感じられます。観測の際は、暖かい服装を心掛けた方が良さそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp