サイト内
ウェブ

あす27日 北日本で断続的に雨や雪 関東の気温は大幅アップ 28〜29日は冬の嵐

  • 2023年11月26日
  • tenki.jp

今夜〜あす27日にかけて、北日本の日本海側や北陸は断続的に雪や雨が降るでしょう。あす27日は沖縄、九州から東海は所々でにわか雨。全国的にきょう26日より気温が上がり、平年並みか平年を上回る気温に。関東は日差しが戻り、きょう日中より10℃近く大幅アップ。

今夜〜あす27日 東北・北陸は雪や雨 東海から西は一時雨の所も

画像A

きょう26日夜からあす27日に朝にかけて、東北や北陸では、次第に雪や雨のエリアが広がるでしょう。内陸部や山沿いでは、積雪の増える所もありそうです。夜間の車の運転などは、十分にご注意ください。

あす27日は、日本海を前線を伴った低気圧が北東進する見込みです。暖かく湿った空気が流れ込む影響で、西日本や東海では、にわか雨に注意が必要です。沖縄、九州南部は午前中を中心に、九州北部から東海は午後を中心に一時的に雨の降る所があるでしょう。

北海道はいったん雪の降り方は弱まりますが、あす27日にかけて所々で雪や雨になりそうです。
東北はあす27日夜から、再び雪や風が強まるでしょう。

関東は日差しがたっぷり降り注ぐ見込みです。

冷え込み和らぐ 日中は関東の寒さも一気に解消

画像B

あす27日は最低気温は、全国的にきょう26日より高く、冷え込みは和らぐでしょう。
北海道は氷点下の気温で、冬日の続く所が多く、東北の広範囲や、関東から九州の内陸部で5℃以下まで下がる所もある見込みです。雪の降った地域では積雪や路面の凍結に引き続き、ご注意ください。

暖かい空気が流れ込んで、日中は全国的にきょう26日より気温が上がり、最高気温は平年並みか平年を上回る所が多くなりそうです。九州から東海は18℃から20℃くらいで、ポカポカ陽気です。
関東も広く15℃を上回り、きょう日中に比べて10℃近く高くなるでしょう。朝から大幅に気温が上がるため、調節しやすい服装を選んでください。

28日〜29日 北日本や北陸で冬の嵐 その後も冬型長続き

画像C

前線通過後は、28日から29日は、日本付近は強い冬型の気圧配置になるでしょう。
北陸は28日の午前中は雨の所も次第に雪に変わりそうです。北日本の日本海側も雪や風が強まり、再び冬の嵐となるでしょう。
28日から29日にかけて、「暴風雪警報」が発表される可能性は、新潟県や東北の日本海側で「中」、北海道の日本海側の広い範囲で28日が「中」、29日が「高」と出ています。

また、「波浪警報」の発表される可能性は、28日、29日ともに石川県で「高」、新潟県で「中」となっています。雪を伴った風が非常に強く吹く恐れがあるため、交通への影響などに十分注意し、早めに備えを行ってください。

今回の冬型の気圧配置は、12月初めにかけて長く続き、雪の影響が長引きそうです。積雪も急増する可能性があるため、雪の事故などに十分ご注意ください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp