サイト内
ウェブ

きょうは北日本で雷雨 あす広く雨風強まる 雨の後は寒気南下 北日本の山で積雪恐れ

  • 2023年10月19日
  • tenki.jp

寒冷前線の南下で、きょう19日は北海道や東北北部は、雷雨や激しい雨の所も。落雷や竜巻などの突風、ひょうにも注意。あす20日は、日本海側ほど雨量が増え、太平洋側も雨や風が強まる見込み。この雨を境に北から今季一番の寒気が南下。あす夜〜北日本の山は雪で、積雪の恐れも。

きょう19日 北海道や東北北部で激しい雨や雷雨に注意

画像A

きょう19日(木)、サハリン付近にある低気圧からのびる寒冷前線が北海道や東北北部に近づいています。北海道の日本海側や東北北部には、前線に伴う活発な雨雲がかかり、雨の強まっている所があります。

青森県五所川原市相内では午前8時23分までの1時間に22.5ミリのどしゃ降りの雨を観測しました。(10月として1位を更新)
北海道や青森県の所々でザーザー降りの雨が降っています。

きょう19日(木)昼過ぎにかけては、北海道を中心に激しい雨や雷雨にご注意ください。
夕方以降は、東北北部でも雨が強まり、局地的には激しく降るでしょう。落雷や竜巻などの突風、ひょうなどにも注意が必要です。

あす20日 雨エリア広がる 太平洋側で雨風強まる所も

画像B

あす20日(金)は寒冷前線が本州を南下するため、雨の範囲が広がるでしょう。

朝には九州や中国、四国は広く雨で、雷を伴って雨脚が強まる所もありそうです。
近畿や東海、北陸も昼頃には雨が降り、一時的にザっと雨が強まるでしょう。雨だけでなく、風も強まるため、大きめの傘をお持ちください。関東も夕方以降は所々で雨が降りそうです。朝は日が差していても、外出の際には雨具を備えておくと安心です。

この雨を境に、北から寒気が南下する見込みです。

あす20日夜〜寒気流入 北日本の山は積雪のおそれ

画像C

あす20日(金)夜から今季一番の強い寒気が北日本の上空に流れ込み、22日(日)にかけて東日本まで流れ込むでしょう。
北海道の内陸部は、あす20日(金)夜には、雨から次第に雪に変わる所が出てくる見込みです。平地でも初雪になる所があるでしょう。また、北海道の標高の高い山では、積雪のおそれがあります。週末に、北日本の峠道を車で運転される方は、必ず冬用のタイヤを装備してください。雪道に慣れていない方は運転を控えてください。

上空1500メートル付近で0℃以下の、山に雪を降らせる目安となる寒気が、21日(土)夜には東北南部まですっぽりと覆い、22日(日)未明にかけて一時的に北陸や関東北部まで南下する見込みです。このため、東北をはじめ、北陸や長野県、関東北部の標高の高い山では、一時的に雪がまじる可能性があります。

この週末、山のレジャーを計画されている方は、危険を伴う可能性もありますので、事前にしっかりと最新の天気予報をご確認の上、安全な行動をとるようにしてください。

北日本の山は今シーズン初めて積雪の恐れ ノーマルタイヤの危険性

画像D

週末、北日本の標高の高い山や峠道では今シーズン初の積雪となる恐れがあり、峠越えの車の運転は、必ず冬用のタイヤが必要です。

雪道をノーマルタイヤで走行すると、タイヤが低温で固くなって吸着性が失われ、路面を摩擦で捉えることができなくなります。このため「滑る」「止まらない」「曲がらない」と、自動車が本来確保しなければならない動きが制御できなくなり、スリップ事故や渋滞の原因につながってしまいます。

雪道を時速40kmで走った場合、ブレーキを踏んでからクルマが止まるまでの距離は、ノーマルタイヤでは冬用タイヤの約1.7倍にもなるという走行実験結果もあります。

雪道でのノーマルタイヤは、とても危険ですので、冬用タイヤやチェーンを必ず装着するようにしてください。雪や雨が降ったあとの路面は凍結していることもあります。一見、路面に雪がないように見えても車の運転には十分な注意が必要です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp