サイト内
ウェブ

2週間天気 日曜は関東で激しい雨 月曜〜火曜は北日本で荒天 山は雪 寒暖差に注意

  • 2023年10月14日
  • tenki.jp

この先は天気は短い周期で変わりそうです。15日(日)は、関東の沿岸部や伊豆諸島を中心に激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨の恐れ。16日(月)から17日(火)頃は北海道や東北で風が強まり、荒れた天気になるでしょう。上空に寒気が流れこみ、山では雪が降りそうです。

15日(日) 関東は沿岸部で大雨の恐れ 北陸周辺も大気の状態が不安定

画像A

15日(日)は前線を伴った低気圧が関東沖から三陸沖へ進むでしょう。寒冷渦(上空に寒気を伴った低気圧)が日本海を東へ進む予想です。

九州南部や四国、近畿南部や中部は明け方まで所々で雨や雷雨になりますが、日中は日差しが戻るでしょう。九州北部や中国地方は日中も所々で雨や雷雨になりそうです。近畿北部や北陸は断続的に雨が降り、局地的に雷を伴うでしょう。東海や関東甲信は昼頃まで雨や雷雨で、沿岸部を中心に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。伊豆諸島では非常に激しい雨が降り、雨量が多くなる恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。東北は昼頃から雨が降るでしょう。北海道は夜は雨の降る所がありそうです。

16日(月)〜17日(火) 北日本は荒天 山や峠は雪

画像B

16日(月)から17日(火)は北日本付近で低気圧が発達するでしょう。北海道や東北は風が強まり、荒れた天気となりそうです。北海道の上空1500メートル付近には11月上旬並みのマイナス3℃前後の寒気が入るでしょう。標高の高い峠や山間部を中心に雪が降り、積雪状態となる見込みです。峠越えの車は路面状況の変化にご注意ください。一方、関東から九州は晴れて、所々で夏日になりそうです。

18日(水)頃は広く晴れますが、その後も天気は短い周期で変わります。20日(金)から21日(土)は低気圧が北海道の東へ発達しながら進み、前線が北日本から西日本を通過するでしょう。北海道から九州では日本海側を中心に雨が降り、ザッと雨脚の強まる所もありそうです。

この先1週間は日によって寒暖差が大きくなるでしょう。最高気温は15日(日)は仙台市で15度などと、平年より低い所がありますが、その後は平年並みか高いでしょう。25℃くらいまで上がる日がありそうです。ただ、21日(土)は平年より低い所が多くなるでしょう。近畿や九州でも20℃に届かず、ヒンヤリしそうです。

秋晴れの日が多い

画像C

22日(日)以降は、北海道から九州にかけては秋晴れの日が多いでしょう。ただ、24日(火)頃は東北や関東で雨が降りそうです。27日(金)も雲が広がり、関東や東海を中心に雨が降るでしょう。沖縄は23日(月)以降は雨の降る日が多くなりそうです。

最高気温は24日(火)頃までは平年並みか低いでしょう。25日(木)以降は平年より高い所が多く、10月下旬ですが、関東から九州では25℃くらいまで上がる日もありそうです。季節の変わり目の時期で、気温の変化が大きくなります。服装で上手に調節して体調を崩さないようお気をつけください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp