サイト内
ウェブ

大型で猛烈な台風15号 小笠原諸島が強風域に 本州への影響は?

  • 2023年10月13日
  • tenki.jp

台風15号はきょう13日午前6時現在、「大型」で「猛烈な」勢力を維持しており、小笠原諸島の一部が風速15メートル以上の強風域に入っています。ただ、本州に近づくことはなく、影響もほとんどない見込みです。

大型で猛烈な台風15号 小笠原諸島の一部が強風域

画像A

台風15号は、きょう13日午前6時現在、「大型」で「猛烈な」勢力で、父島の南東約480kmを北東へ進んでおり、母島が風速15メートル以上の強風域に入っています。

大型の台風とは強風域の半径が500キロメートル以上800キロメートル未満の台風です。また、猛烈な勢力とは中心付近の最大風速が54メートル以上で、台風の勢力としては最も強いレベルです。

この後も台風15号は北東へ進み、スピードを上げる予想です。小笠原諸島からは次第に離れる見込みですが、今夜にかけて強風に注意し、あす14日の明け方にかけては高波に警戒が必要です。

本州への影響はほとんどなし

画像B

台風15号は、この後は日本のはるか東の海上を北上する見込みです。陸地からはかなり離れて進むため、本州付近にはほとんど影響がないでしょう。

きょう13日午後9時の波浪予想図を見ると、西〜東日本の太平洋側の沖合で波の高いエリアが予想されていますが、台風によるものではなく、高気圧から吹き出す東よりの風による高波とみられます。西〜東日本の一部には台風を波源とするうねりが届く可能性がありますが、影響が広範囲に及ぶ可能性は低いでしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp