サイト内
ウェブ

九州 「中秋の名月」の天気は? 10月は朝昼の寒暖差大きい時季へ

  • 2023年9月29日
  • tenki.jp

きょう29日は「中秋の名月」。九州は南部の一部をのぞき、概ね晴れて、お月見が楽しめる所が多くなる見込みです。来週は秋らしい涼しい空気が流れ込み、朝晩からぐっと秋めきそうです。朝晩と昼間の気温差も大きくなります。少しずつ衣替えを進めておきましょう。

今夜(29日)は中秋の名月

きょう29日は「中秋の名月」で、ちょうど満月になります。中秋の名月は必ず満月になるとは限らず、次に中秋の名月が満月になるのは7年後の2030年です。

きょう29日の九州は高気圧に覆われて晴れの所が多いですが、宮崎県や鹿児島県の大隅地方を中心に湿った空気の影響で雲が広がりやすく一時雨がぱらつく所もある見込みです。
九州は南部の一部をのぞき、今夜は中秋の名月が楽しめる所が多いでしょう。

10月はやや季節前進

画像B

あす30日、九州は晴れますが、北部は気圧の谷の通過で夕方から夜は一時雨が降る所があるでしょう。
この雨の後、10月初めは秋の涼しい空気が流れ込んできます。来週前半は晴れますが、最高気温は30度を下回りからりとした陽気になるでしょう。朝晩はさらに涼しくなり、山沿いや内陸部は最低気温が15度を下回る所もでて肌寒いくらいになりそうです。
来週の中頃はまた真夏日が戻りそうですが、週の後半はやや気温が下がる見込みです。

10月はゆっくりですが次第に秋が深まり、朝晩と昼間の気温差の大きい時季になってきます。少しずつ衣替えを進めておきましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp