サイト内
ウェブ

台風最接近の沖縄で雨風強まり大荒れ 3日も住居が倒壊する猛烈な風 影響長引く

  • 2023年8月2日
  • tenki.jp

台風第6号は、非常に強い勢力を維持したまま沖縄本島地方に最接近。これまでの大雨で地盤が緩み、災害の発生リスクが高まっている所も。あす3日にかけて一部の住居が倒壊するような猛烈な風が吹く恐れも。できる限り安全な場所でお過ごしください。沖縄付近で台風が迷走し影響が長引く恐れ。

台風最接近の沖縄で大荒れ

画像A

大型で非常に強い台風第6号は、非常に強い勢力を維持したまま沖縄本島地方に最接近しています。
沖縄や奄美地方は台風の接近で雨や風が強まり、大荒れの天気となっています。

午前10時30分までの最大瞬間風速は、渡嘉敷島で南東の風50.3m/s(午前10時29分)、那覇市で東南東52.5m/s(午前4時14分)の猛烈な風を観測しました。那覇市で最大瞬間風速が50m/s以上になったのは、2018年(9月29日)以来5年ぶりで、8月に最大瞬間風速が50m/s以上になったのは、2003年(8月7日)以来20年ぶりのことです。

台風本体の活発な雨雲がかかり続け、雨量も増えています。
午前10時30分までの24時間降水量は、沖縄本島地方本部町で252.5ミリ、名護市で245.0ミリなど、200ミリを超える地点が増えており、那覇市、糸満市、豊見城市、南城市、八重瀬町を対象に土砂災害警戒情報が発表されています。

これまでの大雨で地盤が緩み、災害の発生リスクが高まっている所もあります。きょう2日は沖縄では大荒れの天気が続くため、むやみな外出は控えて、できる限り安全な場所でお過ごしください。また、自治体から発表される情報などにも十分ご注意ください。

台風6号 非常に強い勢力を保って沖縄付近を迷走か

画像B

大型で非常に強い台風6号は、午前10時現在。久米島の南約60kmの海上を時速10キロのジョギング並みのゆっくりとしたスピードで西北西へ進んでいます。

沖縄本島地方では東よりの猛烈な風が吹いており、あす3日にかけて一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風の吹く所がある見込みです。
頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。

あす3日にかけて先島諸島も台風の接近に伴って、大荒れの天気になるでしょう。飛来物によって負傷したり、走行中のトラックが横転するおそれもある猛烈な風が吹く見込みです。不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。

この先の台風進路図を見ても、予報円が何重にも折り重なっていて、台風の速度が遅く、また、行き先が定まっていないことを示しています。

台風は東シナ海で速度が遅くなるため、3日以降も沖縄本島地方では大荒れの天気が続くなるなど、台風の影響が長引く恐れがあります。今後の情報に注意し、危険な行動は控えてください。

台風の暴風 家の中で いるべき所は

画像C

台風は、中心が近づくにつれて暴風をもたらし、さらに台風のスピードが遅いと、暴風が長い時間続く場合があります。また、台風の中心から離れていても、大気の状態が不安定になり、竜巻などの突風が吹くこともあります。暴風や突風によって、建物に様々な物が飛んでくることもありますので、室内でも十分な注意が必要です。

具体的には、台風が近づいている時には、屋内でもできるだけ窓から離れましょう。なるべく家の中心部に近い所で、窓のない部屋に避難してください。もし窓がある場合は、窓を閉めて、カーテンを引き、雨戸やシャッターがあれば、閉めておきましょう。風が強くなってからの屋外での作業は、暴風によって転倒する恐れがありますので、絶対にやめてください。

猛烈な風って どんな風?

画像D

猛烈な風とは、平均風速が30m/s以上の風を表しています。時速だと、およそ110km以上で、特急電車並みの速さです。このような猛烈な風が吹くと、走行中のトラックが横転したり、多くの樹木が倒れたりする恐れがあります。電柱や街灯で倒れるものや、ブロック塀や住家が倒壊するものがでる可能性もあります。(なお、瞬間風速は平均風速の1.5倍程度になることが多く、時には3倍以上になることもあります。)

屋外での行動は極めて危険ですので、猛烈な風が吹くと予想される場合は、不要不急の外出は控えるようにしてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp