サイト内
ウェブ

節約の神食材!やっぱり頼れる「豚こま肉」の意外な活用術

  • 2023年2月3日
  • レタスクラブニュース



最近、物価の優等生といわれてきた卵まで値上がりしていますよね。節約生活は続きますが、私たちには「豚こま肉」という神食材が味方についてくれているから大丈夫! 豚こま肉を上手に使えば、家族が喜ぶごちそうが安くおいしく作れますよ。

豚こまの油淋豚(ユーリントン)

【材料・2人分】
豚こま切れ肉…200g、キャベツ…1/4個(約200g)、酒・しょうゆ…各大さじ1/2、片栗粉、サラダ油…各大さじ4、たれ(長ねぎ<青い部分を含む>のみじん切り…1/2本分、おろししょうが…3/5かけ分<大さじ1/2>、酢・水…各大さじ1、砂糖・しょうゆ…各小さじ2、ごま油…小さじ1)

【作り方】
1.キャベツは細切りにする。豚肉は酒、しょうゆ各大さじ1/2をもみ込み、かたまりのまま手で押さえて1~1.5cm厚さにのばして平らにし、長方形に整える。表面に片栗粉大さじ4を押しつけるようにしてしっかりまぶす。

2.フライパンにサラダ油大さじ4を中火で熱し、豚肉を入れる。約3分焼いてカリッとしたら上下を返し、さらに約3分焼く。取り出して食べやすく切る。

3.器にキャベツを敷いて2を盛り、たれをかける。
(1人分345kcal、塩分3.4g レシピ考案/関岡弘美 栄養計算/スタジオ食)

人気の油淋鶏を、豚こま肉でアレンジ。片栗粉をまぶして揚げ焼きにすれば、1枚肉を使わなくてもカリッとジューシーに仕上がります。野菜は、今冬価格が安定しているキャベツと長ねぎを使って。豚こま肉はパックに入ったかたまりのまま使うから、下ごしらえもラクチンです。




[PAGE]まだある! 豚こま肉の意外な活用術のアイデア4つはこちら[/PAGE]
豚こま肉の意外な活用術は他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア4つをご紹介します。




ジューシーシューマイ

買ってきたひき肉を使うより、豚こま肉を包丁でたたいてミンチにした方が肉感がぐんとアップ! たたいた肉に下味(おろししょうが・酒・ごま油・しょうゆ・砂糖・塩)・玉ねぎ(片栗粉をまぶす)を混ぜて一口大に丸め、せん切りにしたシューマイの皮を軽く押さえながらのせてフライパンで蒸します。蒸す際は肉だねの半分くらいの高さまで水を注ぎ、ふたをして火にかけて。10分ほどで肉汁たっぷりのシューマイが完成します。



豚こまつくね

豚こま肉はミンチにせずにそのまま使用。肉だねの材料(豚こま肉・長ねぎ・青じそ・溶き卵・片栗粉・塩)をよく混ぜて、丸く形を整えて両面焼き、甘辛だれ(砂糖・酒・しょうゆ・水)を加えて蒸し焼きにすればできあがりです。水菜を敷いて盛りつけ、好みでみょうがを散らして。



ポークブラウンシチュー

豚こま肉は洋風料理とも相性抜群。鍋で豚こま肉(塩・こしょうをもみ込み、1~2切れずつ丸めて小麦粉をまぶす)→玉ねぎ→にんじんの順に炒め、じゃがいも・水を加えて煮ます。ソースの材料(おろし玉ねぎ・ローリエ・トマトケチャップ・オイスターソース・白ワイン・はちみつ)を順に加えて5~6分煮たら、最後にバター・しょうゆで調味を。家族が喜ぶ贅沢なシチューが、家にある材料で簡単に作れます。



重ねロールキャベツ

重ねて蒸すだけのお手軽な一皿なら、思い立ったときにすぐに作れて便利。フライパンにキャベツ・豚こま肉(塩・こしょうをふる)・キャベツ・ピザ用チーズ…の順に2回分重ねて敷きつめ、上からスープ(顆粒スープの素・酒・塩・こしょう・水)を回しかけてふたをし、10~12分ほど蒸し煮にすればできあがりです。キャベツの軸は包丁の腹でつぶしておくと火が通りやすくなりますよ。



1枚肉、ミンチ、肉団子…と使い方次第でいろいろな料理に変身してくれる豚こま肉。豚こま肉は切れ端を集めたものですが、そんな切れ端にも良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、疲れた体を癒やす効果を発揮してくれます。豚こま肉を上手に活用して、値上げの波をおいしく乗り切りましょう!

文=齋藤久美子(栄養士)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved