サイト内
ウェブ

旬のあじを使って熱々&サックサクのフライに挑戦! アレンジもいろいろ♪

  • 2021年6月11日
  • レタスクラブニュース


初夏から夏にかけて旬を迎えるあじ。日本周辺を回遊する魚のため1年中獲れますが、この時期に穫れるものは脂がほどよくのっていておいしいんです。あじといえば刺し身や焼き魚もいいですが、ころもをつけてサクサクに仕上げるフライも絶品! 魚料理に慣れていなくても意外と簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください♪ まずは15分でできる揚げないレシピからどうぞ。

あじフライ

【材料・4人分】
あじ(フライ用)…8尾分(16枚)、キャベツ…3枚、トマト…1個、バター、塩、こしょう、パン粉

【作り方】
1.バター大さじ1と1/2を耐熱容器に入れ、電子レンジで約1分加熱し、溶かしバターを作る。オーブンを230℃に予熱する。キャベツはせん切りにし、トマトは7mm厚さに切る。あじは、身のほうに溶かしバター大さじ1を均等にぬって、塩、こしょう各適宜ふり、パン粉適宜をまぶす。

2.天板にオーブン用ペーパーを敷いて1を並べ、残った溶かしバターをスプーンで上からかけて、10〜12分焼く。器に盛ってキャベツとトマトを添える。好みでウスターソース適宜をつけながら食べる。
(1人分146kcal、塩分0.9g)

ころもをつけたアジに溶かしバターをかけてオーブンで焼くから、揚げ油は不要! サクサク&ジューシーな味わいが手軽に楽しめます。

あじのしそ巻きフライ

あじにみそと青じそをのせてくるっと巻き、ようじで留めて油でこんがりと揚げて。1口サイズでお弁当にも喜ばれそう♪



スティックあじフライ

あじを1cmの斜めそぎ切りにしてスティック状に揚げると、スナック感覚で食べられそう。魚が苦手な子どもにもおすすめです。黒ごまソースとマヨネーズソースを添えて。



あじのチーズフライ

パン粉に粉チーズを加えたころもがコクのある味わい。練りからしと中濃ソースでどうぞ。



ソースあじフライ

トマトにはちみつやタバスコを加えたフレッシュソースをかけても美味。あじはおろしにんにくとウスターソースをからめて少しおいておくと、臭みが取れてさめてもおいしい一品に。



出来立てはころもがサクサク、中はほくほくで絶品! ぜひ、おいしさを家族みんなで楽しんでみて。多めに作ってお弁当のおかずにしても◎。

文=齋藤久美子

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved