サイト内
ウェブ

実は焼いてもウマいんです! 白菜の甘みマシマシ「焼き白菜とカリカリチキンのねぎじょうゆ」

  • 2020年12月6日
  • レタスクラブニュース



その考え、なかったわ……! 白菜の使い道は主に鍋もの、なO子にとって、「焼き白菜とカリカリチキンのねぎじょうゆ」は衝撃的なレシピでした。なぜなら焼いた白菜が、甘くてジューシーでとにかくおいしかったから! 思わず、「なぜ今まで『白菜は焼いてもウマい』と、誰も教えてくれなかったのか……」と、恨めしく思ってしまったほど。メインはとり肉ではありますが、主役を食うほどの存在感を見せる焼き白菜を、ぜひ味わってみてくださいね。

焼き白菜とカリカリチキンのねぎじょうゆ


【材料】(2人分)

白菜 1/8株、とりもも肉 大1枚(約300g)、ねぎじょうゆだれ(長ねぎのみじん切り 1/2本分、しょうゆ、水 各大さじ1と1/2、酢 大さじ1、砂糖 小さじ1)、塩、こしょう、サラダ油

【作り方】

1.とり肉は身の厚い部分に包丁を入れて開き、厚みを均等にして、塩、こしょう各少々をふる。

2.フライパンに油小さじ1を熱し、白菜を芯(しん)をつけたまま入れる。ふたをしてじっくり焼き、焼き色がついたら返してふたをし、さらに焼いて取り出す。

3.2のフライパンの水けをペーパータオルでさっとふき、油小さじ2を足して熱し、とり肉を皮目を下にして入れる。約5分焼いてこんがり色づいたら裏返してさらに6〜7分焼き、火が通ったら取り出す。粗熱がとれたら食べやすい大きさに切り、2とともに皿に盛る。

4.フライパンにねぎじょうゆだれの材料を入れて火にかけ、煮立ったら3にかける。

(408kcal、塩分3.0g)

文=O子


キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved