サイト内
ウェブ

100均で買える!料理家も愛用の「キッチングッズ」3選

  • 2018年3月20日
  • Life & Aging Report

毎日使うキッチングッズ。お鍋や包丁のように長く使うものもあれば、ラップなどの消耗品もありますね。長く使うものに関しては、高価であっても質のいいものを選びますが、消耗品は、質がよくお手頃の値段のものがうれしいですよね。

最近は、100円ショップにもかわいいキッチングッズが並んでいます。料理家である筆者が、100円ショップで購入するキッチングッズを3つご紹介します。

■料理家が選ぶ100円キッチングッズ3つ

(1)無添加ラップフィルム

料理家も使ってる!100円キッチングッズ3選 無添加ラップフィルム

どれも同じように見えるラップフィルムですが、素材が違います。

無添加ラップフィルムは、ポリエチレンから作られたラップフィルムで、添加物を使用せず、また燃やしてもダイオキシンを発生しない環境にやさしいラップフィルムです。

食品を直に包むこともあるラップフィルムですから、やはり添加物には気をつけたいですよね。さらに、必ずゴミとして焼却されるものですから、環境にやさしいこともポイントです。

(2)柄入りアルミ箔

料理家も使ってる!100円キッチングッズ3選 柄入りアルミ箔

いろいろな柄が印刷されたアルミ箔も、100円ショップで購入しています。サンドウィッチやバーガーを包んだり、お弁当の仕切りに使ってもかわいいですね。

(3)小瓶

料理家も使ってる!100円キッチングッズ3選 小瓶

相変わらず人気の高い保存ビン。清潔であることはもちろん、やはり見た目のかわいさも人気の理由ではないでしょうか。

小さなサイズの保存ビンは、自宅で使うときは、擂りゴマやスパイスの保存用として使っています。

このほか、ジャムなどを友人にプレゼントする際にもこちらの保存ビンを使用。見た目がかわいく、とても喜ばれます。

安いだけでなく、環境にやさしい、かわいいなどのメリットがある100円キッチングッズ。100円ショップに行かれたときには、ぜひチェックしてみてくださいね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
・痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
・おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
・養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
・止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2020 Life & Aging Report. All Rights Reserved.