サイト内
ウェブ

食パンのカロリー半分!春巻きの皮を使ったヘルシー料理4つ

  • 2017年5月22日
  • Life & Aging Report

熱々でジューシーな春巻きはとても美味しい。包んでいる皮のパリッとした食感もたまりませんよね。実はこの春巻きの皮にも、使い方はいろいろあります。揚げる以外にも食べ方があり、料理に用いるとメニューに幅が生まれます。さらには、ダイエットにも効果があります。そんな「春巻きの皮の使い方」を、料理研究家である筆者がご紹介します。

■そのままダイエット食として

春巻きの皮は、手を加えなくてもそのまま生で食べられます。カロリーも低く、1枚50kcal程度。8枚切りの食パンのカロリーが、1枚だいたい130kcal程度なので、半分以下になります。ですから、同じ具材を使って、春巻きの皮で巻くのと、サンドイッチにするのとでは、カロリーもだいぶ変わってきます。春巻きの皮は、ダイエット食に相応しいと言えるでしょう。

■ヘルシーな餃子に

春巻きの皮と餃子の皮は、火が通っているかどうかの違いはあるものの、素材はほぼ一緒です。ですから、代用は可能。豚の挽き肉やキャベツ、ニラなどで餡を作り、それを春巻きの皮にのせます。端に縦長にのせて、棒状になるように巻いて、フライパンで蒸し焼きにしましょう。春巻きの皮は、餃子の皮に比べて薄いので、調理の際は破れないように注意してください。野菜たっぷりでヘルシーな餃子に。

■ガレット風にしても

フランスの郷土料理であるガレットは、そば粉を使った生地で作るものですが、それを春巻きの皮で代用。フライパンの上に皮を敷いて、その上にベーコンやハム、キノコやチーズなどをのせ、中央に卵を落とします。皮の四隅を中央に折るようにしてから火にかけると、きれいな形に仕上がります。春巻きの皮は薄いので、二枚重ねたほうが調理しやすいです。

■パリパリ食感のスイーツに

春巻きの皮でアップルパイを作ると、パイ生地のサクサク感とは少し違ったパリパリ食感が楽しめます。リンゴを適当な大きさに切って鍋に入れ、バターやシナモン、レモン汁などを加えて煮つめます。リンゴが柔らかくなってきたら火を止め、粗熱が取れたら春巻きの皮にのせて巻きます。フライパンに油をひいて、揚げ焼きにすれば完成です。

いかがでしたか? 春巻きの皮を生で食べられることを知らない方も、多かったのではないでしょうか。使い方次第で、メイン料理にもおつまみにもデザートにもなります。いろいろなメニューをお試しください。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
・ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
・料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
・これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
・ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2022 Life & Aging Report. All Rights Reserved.