サイト内
ウェブ

ダイエッター麦としても話題!雑穀屋が教えるもち麦レシピ

  • 2017年1月15日
  • Life & Aging Report

年末年始、美味しい食事に楽しい新年会と、イベントが目白押し。気が付いたら2~3㎏増えていた…なんてことも! そんな方にオススメなのが、今話題の「もち麦」。女性芸人さんが1週間でお腹回りが10㎝以上もダウンしたことが取り上げられ、品薄状態が続いているダイエッターには嬉しい人気の雑穀です。

■もち麦とは?

お腹持ちの良いダイエッター麦とも呼ばれている人気の麦。大麦の一種で、西日本で栽培されていることが多いはだか麦の中でももち種であることから、モチップチッとした食感と香ばしい風味で食べやすさがあり、お腹が膨れやすく腹もちが良いです。β-グルカンを多く含むので、免疫力のアップやコレステロール値の抑制、腸内環境を整えるなどが期待でき、その栄養価にも注目が集まっています。最近では、芸能人の方々がもち麦ダイエットに成功したことからも手に入りにくい稀少麦としても話題になっています。

■簡単!もち麦レシピ3つ

1.ごはんに混ぜる

白米1合を洗い、炊飯器の目盛りに合わせて水加減をしたら、もち麦50gと水100mlを入れてよくかき混ぜて、30分浸水させたらスイッチオン! 炊き上がったら15分以上しっかり蒸らして、しゃもじで空気に触れさせるように切るようにもち麦ごはんを混ぜたら出来上がり!

2.スープに入れる

もち麦をやや食感が残る程度にやわらかくなるまで湯がき、ミネストローネやコーンスープなどのスープ1杯に対して大さじ1杯入れる。もち麦の栄養素を丸ごと得ることができます!

3.グラノーラバー風スイーツにする

お好みのドライフルーツやミックスナッツを刻む。もち麦をフライパンで少し色づくまで炒り、取り出して粗熱を取る。フライパンにハチミツとバター、少量の砂糖を溶かしたら、もち麦とドライフルーツ・ミックスナッツを入れて絡める。オーブンの鉄板にクッキングシートを引いた上にグラノーラを薄く広げ、焼き上げる。しっかりと焼きあがって冷めたら、食べやすい大きさに切る。

ダイエッターにオススメのもち麦。年始の今時期にこそぜひ試してみて!
(雑穀エキスパート/澁谷梨絵)

【関連記事】
・昆布は和のスーパーフード!すぐれた美容・健康効果まとめ

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2022 Life & Aging Report. All Rights Reserved.