サイト内
ウェブ

【ローソン】売り切れ続出!解凍いらずの「冷凍スイーツ」はリピ間違いなし♡

  • 2021年5月14日
  • 暮らしニスタ

こんにちは。コンビニの新商品をチェックするのが趣味の木南きなこです。

皆さんは、ローソンから4月末に新発売された「冷凍アップルパイ」をご存知ですか?
こちら、実は私が長らく目をつけていた商品。なんでも、とある特徴を兼ね備えた画期的なスイーツらしいのです♡

ということで、今回は、ローソンの冷凍アップルパイを実食レポしていきます。

ローソン 冷凍アップルパイの商品詳細

価格:399円(税込)
内容量:104g(2個)
保存方法:-18℃以下で保存(要冷凍)
製造:株式会社ブルターニュ

気になるカロリーは、1個(52g)あたり155㎉。
スイーツのカロリーとしては低めで、体型が気になるけどスイーツは食べたいという方にもありがたいですね♡

そして、保存方法は「冷蔵」ではなく「要冷凍」なのでお間違いなく。

冷凍スイーツなのに「解凍いらず」って本当!?

冷凍されたスイーツなのでレンチンか何かで解凍…と思いきや、なんと冷凍庫から出してすぐに食べられるとのこと!
画期的じゃないですか?この部分だけでもかなりの驚きですよね。

凍っていて硬いんだろうな、と思いながらカットしてみましたが、想像以上にスーッと簡単に包丁が入り拍子抜けしてしまいました(笑)。

見た目は、バニラアイスのようなクリームの中にゴロゴロっとした大きめの煮リンゴが入っていて食べ応えがありそう。

それでは実食レポ開始♡

一口食べて…冷たいリンゴのシャキシャキ感がたまらない♡バニラクリームも甘すぎずいい感じ。
全体的に甘ったるさを感じずさっぱりと食べられるのは、煮リンゴに入っているシナモンのおかげかもしれません。

そしてパイは、しっとりした食感でデニッシュのようにも感じます(シューアイスをご想像ください)。

冷たいままで食べるからか、まるでアップルパイがそのままアイスになっているような感覚!これからの暑い季節にぴったりの新食感スイーツだと思います。

ちなみに…手が汚れないように、1つずつフィルムがついているため手軽に食べられるのもポイント高し(笑)。

解凍時間を変えて変化を楽しんでみるのもアリ

先述の通り冷凍庫から出してすぐに食べることもできますが、冷蔵庫で1~2時間ほど解凍してから食べるとまた違った食感が楽しめるんです!

試しに冷蔵庫で解凍したものを食べてみると、中のクリームが溶けてアイスではない別のスイーツに(笑)。

こちらはクリームのコクと甘さが増してホイップクリームのような味に変化!
そして、煮リンゴの食感は、解凍時間を変えてもさほど変わらず、しっかりしたシャキシャキ感が残ります。嬉しい誤算♡

解凍時間を変えるだけで、違った食感を楽しめるなんてオトクですよね♪

ちなみに個人的には、少し解凍してから食べる方が好みでした。皆さんもお好みの食べ方を探してみてください!

まとめ

ローソンの新商品「冷凍アップルパイ」は、アイスにもスイーツにもなる進化系スイーツでした。

ここで注意点が1つ。人気なので、店頭でなかなか見つからない場合もあるかもしれません!
その際は、ぜひ店員さんに問い合わせてみることをおすすめします。
実は私もいくつか店舗を回れど見つからず、店員さんに聞いてみたところ、すぐに取り寄せてくださいました。

もちろん、店舗によって対応は変わるかもしれませんが、聞いてみて手に入ればうれしいですよね♪

気になる方は、ぜひローソンでチェックしてみてください。

文/木南きなこ

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2015 KURASHINISTA All Rights Reserved.