サイト内
ウェブ

薬を飲むの忘れがちな人、スマホの服薬管理機能を使ってみたら?

  • 2024年5月16日
  • Gizmodo Japan

薬を飲むの忘れがちな人、スマホの服薬管理機能を使ってみたら?
Image: Shutterstock

スマホに強めにリマインドしてもらおう!

薬を飲まなきゃいけないのに、習慣付けるのが難しくて、ついつい忘れてしまうってよくありますよね。でも今はスマホで薬の管理ができるんです。私の場合は、自分の心地よいリズムを掴むようにして、だんだん習慣化してきました。さらにスマホを使って薬の管理をし始めて、完全に定着できました。

私の場合は、薬を朝一番に飲むことに変えたときにうまく定着できました。水と薬は指示通りに朝飲むために準備しておきます。しかし、スマホの助けが必要なのはその後です。オフィスに向かう時に、Pixel 8に設定したSamsung Healthと、iPhone 15 Pro Maxのヘルスケアアプリに、薬を飲んだことを記録する習慣をつけました。それが私の1日の始まりのルーティンとなりました。

特にSamsung Healthは、アラームで薬を飲む時間を教えてくれて、15分ごとにスヌーズできます。バタバタとしている朝、薬を飲むのが後回しになってしまってるときにアラームで教えてくれるのは助かります。Samsung Galaxy Watch 6とペアリングしておけば、時計がバイブレーションで教えてくれます。Appleのヘルスケアアプリの薬のリマインダーは、薬を飲むまでがんがんアラームしてくることはないですが、痛み止めを飲んで1日を乗り切らなきゃいけないような日に、どんな薬と飲み合わせても大丈夫かを教えてくれます。

Apple ヘルスケアアプリは、Siriとの統合もされています。一方でGoogle FitやFitbitに、まだ薬のリマインダーがないのは残念ですね。

iOSで服薬を記録

iPhoneのヘルスケアアプリで服薬記録をする手順は以下です。

ヘルスケアアプリでは、右下にある「ブラウズ」をタップしてから、「服薬」をタップします。「薬を追加」をタップして薬を入力します。薬を名前で検索、またはカメラで撮影して薬を追加します。その後、投与量を選択し、スケジュールを設定するための手順の通りに入力していきます。

私のように薬を飲むのを忘れやすい人は、通知設定で「フォローアップリマインダー」をオンにしてください。ヘルスケアから服薬の記録を忘れないように通知が届きます。また、「重大な通知」をオンにすると、睡眠モードや集中モードであっても、薬を服用するようにリマインダーしてくれます。

Screenshot: Florence Ion / Gizmodo US

Androidで服薬を記録

ほとんどのAndroidデバイスに搭載されているGoogle Fitは、デフォルトの健康管理アプリですが、服薬のリマインダーができないんです。なので、多くのユーザーがGoogleのサポートフォーラムでその機能をリクエストしている状態です。

Google Fitに服薬記録がないので、代わりにSamsung Healthアプリをお使いください。Google FitやPixel WatchとペアリングできるFitbitと比較しても、Samsung Healthの機能の幅が大きいことが私のお気に入りです。なので、ここで服薬記録を続けています。唯一の注意点は、データを同期するためにはSamsungアカウントでログインしなきゃいけないことです。Samsungデバイスを使用していない場合は手間がかかるかもしれません。

Samsung Healthは昨年末、服薬リマインダーのサービスを始めましたが、すでにかなり便利な機能となっています。急な病気に対処も対処できて、必要に応じて薬を追加することもできます。サプリメントの通知も設定できます。

Screenshot: Florence Ion / Gizmodo

Appleヘルスケアアプリと同様、Samsung Healthでの服薬リマインダーの設定はとてもシンプル。薬を検索し、ブランド名または一般名を入力します。次に、薬をどのように服用するか、投与量、通知が送信される時刻を入力します。

薬を飲ませるのを諦めないSamsung Health

Samsung Healthの場合、服薬リマインダーがかなり薬を飲ませることにコミットしてきてくれるんです。アラームを設定すると、もう後戻りできません。

毎日同じ時間に、Samsung Healthアプリがポップアップで画面を占拠。何をしていても、薬を飲んだかどうかを尋ねてきます。薬を飲んだと選択、もしくはスヌーズのオプションを選択できます。しかもスヌーズの場合、15分ごとに画面を全部占領するポップアップがやってきます。

でも、あまりに何度もスヌーズで後回しにすると、最終的にリマインダーが画面を占拠するのをやめてくれて、通知として溜まっていきます。スヌーズしても通知があるので、アプリを起動せずにそれをタップして服薬記録ができる点がお気に入りです。ついつい忘れてしまう服薬、みなさんもスマホの力をちょっとお借りしてルーティン化できるかも?

東心 服薬お助けグッズ おくすりですよ TS-96M 3,390円 Amazonで見るPR !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet") パッチで1分毎にデータ取得、異常値はアラームで。糖尿病医療の最先端とは 五大成人病のひとつである糖尿病。日本での糖尿病患者は2000万人。予備軍も含めると、6人に1人が糖尿病と言われています。糖尿病は世界的な問題で、現在5億3700万人の成人が患っており、2045年までに7億8300万人に増加すると予測されています。日本でも2017年以降、患者数が約2000万人に増え、その数はランニング人口とほぼ同じだそう。40代までは身近とは言えない話題かもしれませんが、実は誰も https://www.gizmodo.jp/2024/04/freestyle_libre2_presentation.html

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.