サイト内
ウェブ

立体音響を手軽に実現! プロが厳選したサウンドバー2選

  • 2023年11月26日
  • GetNavi web

テレビの音だけでは物足りない、とセカンドシステム導入を考えているならサウンドバーがおすすめだ。本記事では、液晶や有機ELなど手持ちのテレビの音声を手軽にグレードアップできるサウンドバーからプロが厳選した2機種をピックアップ。テレビと連携できるアクティブスピーカーの情報もお見逃しなく!

※こちらは「GetNavi」 2023年12月号に掲載された記事を再編集したものです

 

私が解説します

オーディオライター 野村ケンジさん
ハイエンドシステムから、ヘッドホン・イヤホンまで幅広い知識を持つ。テレビやラジオなどでも活躍中。

 

バースピーカーのみで3.1ch構成を実現

ソニー
HT-S2000
実売価格7万1500円

幅80cmのコンパクトなボディながら、3基のフロントスピーカーとデュアルサブウーファーを搭載。Dolby AtmosやDTS:Xの立体音響規格に対応し、独自のサラウンド音場技術と合わせて、リアルなサラウンド音場を生成する。

 

SPEC●再生チャンネル:3.1ch●実用最大出力:250W●HDMI端子数:入力−/出力1●周波数帯域:非公表

 

↑新アプリ「Home Entertainment Connect」を採用。リモコンが近くにない場合でも、手元のスマホからすぐに機器の操作が行える

 

↑フルレンジ3基とバスレフウーファー2基を内蔵。センタースピーカーの搭載により、声の聴き取りやすさが向上した

 

野村‘s Check

セカンドシステムに最適なコンパクトさ

「高さ方向の立体音響を表現する『Vertical Surround Engine』技術により広がり感のあるサラウンド音声が楽しめます。コンパクトかつスマートなデザインもセカンドシステムにピッタリ!」

 

様々なエンターテインメントを最適な音場で楽しめる!

ヤマハ
SR-B40A
実売価格4万4200円

Dolby Atmosに対応し、TRUE SOUNDなど独自の音響技術と合わせて、放送番組から動画配信まで多彩なコンテンツを没入感の高い音場で楽しめる。ワイヤレスサブウーファーが付属しており、気軽に設置して迫力の重低音を体感できる。

 

SPEC●再生チャンネル:17.1ch●実用最大出力:200W●HDMI端子数:入力−/出力1●周波数帯域:33Hz〜22kHz

 

↑Dolby Atmosに対応。独自のTRUE SOUNDと相まって、没入感が高く自然で作品の持つ空気感を表した音場を再現する

 

↑eARC/CEC対応のHDMIを装備。ケーブル1本でテレビと接続でき、非圧縮の7.1ch音声信号やHDオーディオも伝送できる

 

野村‘s Check

映画や音楽が手軽に“いい音”に!

「独自のバーチャルサラウンド技術よる、広がり感のある空間表現が見事。音楽向け “ステレオモード” の完成度も高く、映画も音楽も楽しめます。テレビの音を少しいい音にしたい人にオススメ」

 

コレもチェック!

ELAC
Debut ConneX DCB-41
実売価格8万8740円

ドイツ・ELAC社のアクティブスピーカー。Bluetooth接続に加え、ARC対応のHDMI端子も備えており、テレビと連携もできる。フォノ・アンプを搭載したRCA入力を備え、MMカートリッジのターンテーブルをダイレクトに接続可能。

 

 

SPEC●再生チャンネル:2ch●実用最大出力:100W●HDMI端子数:入力1/出力−●周波数帯域:50Hz〜25kHz

 

↑入力はHDMI(ARC対応)、USB-B(最大96kHz/24bit対応)、光デジタル、Bluetooth(aptX対応)、アナログRCA(LINE/Phono切替)

 

野村‘s Check

テレビとオーディオをまとめるのに便利

「HDMI端子を搭載しているので、テレビのスピーカーとしても使用可能。サラウンド再生はできませんが、テレビとオーディオをひとつのシステムにまとめられる便利な製品です」

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING