サイト内
ウェブ

映画のロケ地にもなった京都南禅寺の「日の出うどん」で絶品カレーうどんを♪

  • 2023年1月25日
  • ことりっぷ


寒さ厳しい京都の冬。暖かいものが恋しくなる季節です。京都・南禅寺近くの「日の出うどん」は、名物のカレーうどんを味わおうという人でランチタイムには行列ができ、芸能人や著名人にもそのファンが多いとか。映画『きのう何食べた?』にも登場した絶品カレーうどんを、ぜひ味わってみませんか?
「日の出うどん」は、京都駅から市バスで約40分の南禅寺・永観堂前で下車し、徒歩で約7分。バス停から東へ進み、永観堂前を左へ曲がると到着します。また、南禅寺や哲学の道からも5分余りの距離。南禅寺や永観堂、哲学の道さんぽのランチにもぴったりのロケーションですね。
店の壁にはメニューがズラリ。きつねうどんや天ぷらうどんなどのオーソドックスなものから、あんかけうどん、なべ焼きうどん、丼物までが揃います。
カレーうどんだけでも、きざみ揚げや牛肉がのる「特カレーうどん」をはじめ7種もあります。「最初は1種類だけやったけど、お客さんの『あれ作って』に応えていたらメニューが増えてしまって」と店主の大隅さん。
「最近は、『きのう何食べた?』の映画のファンの方がロケ地巡りで来てくれることも多いですよ」。ロケで使われた席には、映画の一場面の写真が。運がよければ、シロさんとケンジが使った席に座れるかもしれませんよ。
映画では「鳥入カレーうどん」と「きざみわかめカレーうどん」が登場したそう。せっかくなので「鳥入カレーうどん」を味わうことにしました。麺はうどん、和そば、中華そばから、辛さは普通~激辛の4段階から選べます。
あんかけのようなとろみのあるスープは鰹出汁がしっかりときいており、もっちりとした麺にはカレースープがたっぷりと絡んできます。出汁にこだわり、やわらかな麺に出汁を含ませて味わうというのは、京都のうどんの特徴。こちらのカレーうどんからも、しっかりと京の香りが漂ってきます。
一杯食べればおなかもいっぱい、体もポカポカになるカレーうどん。日の出うどんのある場所は、哲学の道の南端である若王子橋からも徒歩で5分くらいなので、午前中に銀閣寺から哲学の道さんぽを始めれば、ちょうどランチタイムにはお店のある場所に来ることができます。
心も体も温かにしてくれるうどんを食べて、映画の主人公たちのように京都をあちこちめぐってみませんか?

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2023 Shobunsha Publications All Rights Reserved.