サイト内
ウェブ

【益子焼編④】人気のベーカリーのパンや名物スイーツをおみやげに。寄り道したい益子のお店・施設3選

  • 2022年5月4日
  • ことりっぷ


4月28日から5月8日まで、3年ぶりに町をあげての一大イベント「益子 春の陶器市」が開催される栃木県益子町。とっておきのうつわとともに、人気ベーカリーのパンや名物スイーツをおみやげに買って帰りませんか。ここでは、益子散策の合間に寄り道したい3つのお店や施設をご紹介します。
開店前から人が訪れ、閉店時間前に売り切れとなってしまうことも多い「Natural Bakery日々舎」。自家製酵母と天然小麦粉を使い、からだに優しいパンやベーグルを隣接の工房で日々焼き上げています。人気のベーグルは、レーズンクリームチーズ、ダブルチョコ、黒糖くるみなどラインナップも豊富で、どれにしようか迷う時間もお楽しみ。食感も気持ちいいハード系のパンは、噛みしめるほどに豊かな味わいが広がります。
有機レーズン酵母でひと晩発酵させて焼き上げた、コクのある酵母マフィンも外せません。益子産のブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー入りの「3種のベリー」をはじめ、季節のフルーツがふんだんに使われています。ザクザクの食感が楽しめる全粒粉クッキーは、ちょっとしたギフトにもおすすめですよ。
緑深い山のふもとにある「えみぱん」は、絵本から飛び出してきたかのようなかわいらしいパン屋さん。白神こだま酵母と北海道産小麦を使い、ふっくら柔らかいパンを焼き上げています。お店の看板メニューは、キツネ色したこっぺぱん。購入したその場で、マーガリンやジャム、ピーナッツ、チョコ、ホイップ、あんこなどを塗ってもらえます。2種類まで組み合わせ可能なのもうれしい。いろいろな味を試してみたくなりますよ。
自家製のジャムもファンの多い商品。いちごやブルーベリー、桃、いちじくなど季節のフルーツを使い、奥の工房でひとつひとつ丁寧に手づくりしています。店内はいつも甘い香りがふんわり漂い、いるだけで幸せな気分に。パウンドケーキやクッキーなど定番の焼き菓子もそろい、おみやげ探しも楽しめます。
地元の新鮮な農産物をはじめ、ピクルスやジャムなどの加工品、クラフトのまち益子ならではの工芸品がズラリとそろい、お買い物が楽しい「道の駅ましこ」。おみやげに買って帰りたいのは、年間2万5000個以上を売り上げるという益子焼のミニ釜に入ったプリンと、同じくミニ釜入りのブリュレです。どちらも、益子町産の新鮮な卵を贅沢に使った濃厚な味わいが魅力。施設内のカフェでも味わうことができますよ。
「道の駅ましこ」では、観光案内やレンタサイクルの貸し出しなども行っており、旅の拠点にぴったり。ピクニックシートを借りることもできるので、天気の良い日はテイクアウトフードを購入し、芝生の広場でピクニックするのもおすすめです。週末はキッチンカーも登場。益子の魅力が詰まった施設で、ひと休みしていきましょう。
いかがでしたか? 素敵なうつわだけでなく、おいしいおみやげも見つかる益子。この春は、陶器市でにぎわう益子へぜひお出かけしてみてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.