サイト内
ウェブ

ケヤキの木の下に建つ古民家カフェ「olmo coppia」でオーガニックなカフェタイム

  • 2021年6月20日
  • ことりっぷ


熊本県阿蘇市にあるカフェ「olmo coppia」は、築160年以上の蔵を改装した古民家カフェ。薪ストーブを配したあたたかみのある店内では、無農薬栽培の野菜を中心に体にやさしい素材にこだわった料理を提供しています。スローな時間が流れる古民家で、体にやさしく、見た目も華やかな料理を味わってみませんか。
JR阿蘇駅から車で5分。阿蘇市街の中心を走る国道57号から少し離れた閑静な場所に「olmo coppia」はあります。
店名は「一対のケヤキの木」という意味。お店の下には、すぐ横に立つケヤキの木の根が通っているそうです。「ケヤキの根の上に立つお店」、「大木のように地に足の着いたお店でいたい」という思いから名前をつけたのだとか。
店内は、木をふんだんに使った内装と柔らかな照明が居心地のいい空間。薪ストーブを中心に配されたテーブル席や半個室のような仕切りのある席などがあります。時間を忘れて思わずのんびりと長居したくなる空間です。
今ではあまり見かけないすりガラスの飾り窓や天井を走る大きな梁など、蔵だった建物の歴史を感じられます。所々に飾られたかわいらしい草花や小物が、古民家調の建物と調和しています。
はしご階段を上って2階へ行くと、隠れ家のようなギャラリースペースがあります。木工やレザー小物など、地元作家が作るハンドメイド雑貨を販売。ナチュラルでかわいらしい作品たちに思わずほっこり心が和みますよ。
ランチは地元の契約農家が生産する無農薬野菜をたっぷり使ったヘルシーメニュー。なかでも定番人気なのが、お麩の3色揚げをメインにした「畑の野菜ワンプレートセット」です。
香ばしく揚げたお麩はフワフワかつジューシーで、お肉のカツのような味わい。野菜のテリーヌや地元の原木椎茸を使ったスープなど、趣向の聞いた料理が楽しめます。
野菜のほか、パスタなどの加工品も可能な限りオーガニックな素材や無農薬の原料にこだわっているそう。
ほかに、野菜たっぷりの「畑の野菜パスタセット」や、地元の肥後牛に生姜やナッツを加えて煮込んだ「薬膳カレーセット」など、魅力的なランチメニューがそろっています。
安心安全な素材にこだわり抜いたスイーツにも注目です。国産の純生クリームや契約農園の平飼い自然卵、有機粗製糖、オーガニック薄力粉・全粒粉などの厳選素材を使用。
季節のフルーツを練り込んだふわふわのシフォンケーキをはじめ、てんさい糖使用で柔らかな甘みのチーズケーキ、ベーキングパウダー不使用の蒸しパンなど、どれもヘルシーでやさしい味わいです。
大分県のワイナリーで作られたブドウジュースや無農薬茶葉を使った紅茶など、ドリンクメニューにもそのこだわりが伺えます。
どこか懐かしく居心地のいい空間で、ヘルシーでおいしいオーガニックな料理を楽しめるカフェ「olmo coppia」。阿蘇五岳や草千里が浜など、壮大な自然が広がる阿蘇の風景に癒されたら、自然の恵みたっぷりの料理を味わいに訪れてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.