サイト内
ウェブ

【毎日おやつ】皮が主役のパリパリもなか「最中の皮屋のもなか」/富山県

  • 2021年6月18日
  • ことりっぷ


全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は富山県の「最中の皮屋のもなか」をご紹介します。
富山市八尾町は、江戸時代の石畳や建築を残す、歴史情緒ただよう街。おわら風の盆でも知られるこの街にある、もなかの皮専門店「髙野もなか屋」は昭和25年の創業から、もなかの皮を作り続けている老舗店です。
もともとはお菓子やさんやレストラン、旅館などへの卸売販売をしていましたが、今回ご紹介する「最中の皮屋のもなか」の商品化をきっかけに餡を作り始め、店舗での販売もスタートすることになったそう。富山県産のもち米を使用した手作りのもなかは、子どもから大人まで安心していただけるのが嬉しいですね。
箱の中には、瓶詰めの粒餡とスティック状のもなかの皮が入っています。自慢の皮はプレーンとごまの2種類。プレーンはパリッとした軽やかな食感、ごまは香ばしく風味豊かな香りが特徴です。ポテトサラダやチーズなどとも相性が良く、お酒のお供にもおすすめです。
可愛らしい瓶に入った手作りの粒餡は、優しい甘さでパリパリの皮との相性抜群。餡をたっぷりと入れて皮でフタをするのも良し、トッピングを追加してカナッペのようにするのもよし。食べ方自由自在で楽しめる、皮が主役のもなかを味わってみませんか?

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.