サイト内
ウェブ

富士山と南アルプスが目の前に!採れたて野菜が楽しめる絶景農園レストラン

  • 2021年4月30日
  • ことりっぷ


「ハーベストテラス八ヶ岳」は、畑と一体になった農園レストラン。
“雄大な景色を眺めながら、ヘルシーなお料理を楽しむ。日々のことは忘れて、少しだけ非日常のなかに身を置いて心と体をリフレッシュ”。
そんな休日を過ごすのに、とっておきのレストランです。
「ハーベストテラス八ヶ岳」の敷地内に入ると、左手にレストラン、右手にはダンスやカルチャー講座にも利用できるスタジオがあります。
その間をまっすぐ進んでテラス席へ。南アルプスや富士山の雄大な眺めを独り占めできますよ。
こんな気持ちのいい景色を眺めながら、どんな料理をいただけるのか期待が膨らみます。
「健康」をキーワードにしたこちらのお店、八ヶ岳の眺めと気候に魅せられた藤田勝之さん・あき子さんご夫妻が2018年8月にオープンしました。
「ファーム・トゥ・テーブル」をうたうように、テラス下に広がる約13ヘクタールの畑のオーナーである大塚広夫さんとの出会いが縁で、この地にレストランを作ることを決めたそう。
レストランでは、この畑で採れる野菜を中心に、山梨県産の肉や卵などを使ったヘルシーなメニューを提供しています。
一番人気のランチメニューは「ハーベストプレート」(スープ・ドリンク付き、1848円)。この日のメインは鶏肉のきのこソースクリーム、古代米のご飯をはじめ、新鮮な野菜のサラダなど、全7種類に自家製ドレッシングが付いた、盛りだくさんのプレードです。
ドリンクはコーヒー(ホット・アイス)、紅茶(ホット)のほか、プラス50円でハーブティーも選べます。
実はこのハーブティー、お店のオリジナル。
ハーバルセラピストやアロマテラピーインストラクターの資格を持つオーナーのあき子さんがプロデュースしたもので、単品メニューでは好みや目的に合わせて4種類の中からセレクトできます。
ランチセットでは、そのなかから日替わりで1種類をつけることが可能です。
ディナーはコースメニュー(3850円〜)のほかアラカルトのメニューも豊富に揃います。
お肉好きにおすすめなのは、「骨付き富士桜ポークのグリル」。
地元の「おいしい!」をぐっと詰めた一皿です。
サイドディッシュには、採れたての野菜をふんだんに使ったサラダが人気。3〜4人用のMサイズのほか、1人用のSサイズもあるのがうれしいですね。
ランチもディナーも楽しめる、気持ちのいいレストランで、身体にやさしい休日を過ごしませんか。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.