サイト内
ウェブ

【毎日おやつ】とろ~りやわらかな弾力をじっくり味わう「本わらび餅 極み」/京都府

  • 2021年4月17日
  • ことりっぷ


全国各地のおいしい・かわいいお菓子を紹介する「毎日おやつ」。おうちでのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みが詰まった逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は京都府の「本わらび餅 極み」をご紹介します。
一般的に出回っているわらび餅は半透明の涼しげな見た目ですが、お菓子好きならば知っておきたいのが“黒いわらび餅”。わらびの根から少量しか取れない「本わらび粉」を使ったわらび餅で、ほんのり黒い見た目が特徴です。
本わらび粉を使った「本わらび餅 極み」は、まさに黒いわらび餅。こぼれ落ちそうによく伸びるわらび餅をすくって口に運ぶと、やわらかさの中にほどよい弾力を感じます。そのままではもちろん、付属の「京きなこ」や「抹茶きなこ」をつけると、わらび餅のほのかな甘さに、芳しい香りやほろ苦さが引き立ちます。
「本わらび餅 極み」は、希少価値の高い国産わらび粉を使用し、熟練の菓子職人による「本練り」という練り上げ技法で手作りされています。
世界遺産・龍安寺近くに本店を構える「笹屋昌園」は、大正時代から100年以上続く老舗和菓子店。本店の2軒隣には作りたてのわらび餅を楽しめるカフェ「笹屋昌園CAFE&ATELIER」があるので、付近の寺社観光と合わせて立ち寄るのにもおすすめ。
本格的なわらび餅を取り寄せて味わい、次の京都旅の計画を練ってみませんか。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.