サイト内
ウェブ

洋館めぐりの途中で見つけたオシャレなパン屋さん♪横浜「ブラフベーカリー」

  • 2020年10月14日
  • ことりっぷ


青い扉が目印の「ブラフベーカリー」は斬新なニューヨークスタイルのベーカリーです。味わい深いバケットやアメリカンサイズのシナモンロールなど、店内はあれもこれもと思わず手が伸びてしまうほどワクワク感でいっぱい。スタイリッシュな店内でお気に入りを見つけてはいかがでしょうか。
横浜元町のメインストリートから山手方面へと向かう代官坂の途中にある「ブラフベーカリー」。横浜の開港当時この界隈は切り立った崖という意味のBLUFF(ブラフ)と呼ばれ、外国人居留地として洋館が立ち並んでいたエリアです。現存する洋館の名称にもブラフの文字が使われその頃の様子をうかがわせます。この地で生まれ育ったハマッ子の店主・栄徳剛さんも慣れ親しんだ土地の名前をそのまま店名にしました。
窓枠など青をポイントにしたニューヨークスタイルの店内は、アンディー・ウォーホルのポスターが掛けられ明るくスタイリッシュです。壁を額縁のように大きく切り取った部分からはパンを焼く工房の様子がうかがえライブ感が味わえますよ。
100種類以上あるパンも、一つの種類を作り出すときにこだわるのが素材なのだそう。特に小麦粉などの粉類はイメージした味や食感を表現するために、国内をはじめイタリアなど世界中を探し求めて取り寄せることもあり、こうしたモノづくりの行程が個性のあるパンを作りあげます。
食パンもそうした試行錯誤の中から生まれました。北海道本別町にある農家さんが栽培する小麦「キタノカオリ」と生クリームを使った食パンは、しっとりもっちりの食感でこれをお目当てに遠くから足を運ぶリピーターも多いのだとか。
選び抜いた素材と確かな技術で焼き上げるパンは仕上がりもオシャレでキュート。米油であっさり揚げたドーナツはグレーズにナッツや抹茶などをたっぷりと贅沢に使用し、デニッシュやマフィンの大きなぽってりとしたフォルムは見ているだけでもワクワクしてきます。刻んだリンゴを練り込んだ生地をカボチャの生地で包んだ「かぼちゃメロンパン」の表情は心がなごみますね。
今回ご紹介した店主のこだわりが光るパンはオンラインショップからもお取り寄せができますよ。売り切れの場合でもリクエストしておけば再入荷のお知らせがメールで届くので、ぜひワクワク感いっぱいのパンに出会ってくださいね。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.